ふたりの悪魔 (白泉社花丸文庫)

  • 87人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (8)
    • (11)
    • (4)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 犬飼のの
制作 : 葛西 リカコ 
  • 白泉社 (2011年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592876502

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ふたりの悪魔 (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

  • 久し振りにノーマルな花丸文庫を読みました。
    悪魔二人。淫魔はよく出てきますが、まさかの狼。しかもあれだけ三人で絡んどいて勝敗がつくなんて…。ブラックだったら絶対ない終わり方で新鮮でした。
    ところでお兄さんとでスピンオフとかないのかな?

  • 狼男と淫魔に迫られる三つ巴。結果的に仲良しエンドだけど、クリスの方が分が悪いように思う…。だって果純、仁の方が好きでしょこれ…。仁が淫魔だから惹かれるって部分もあるのかもしれないけど、腑に落ちない…。

  • ガッツリ3Pするのかと思ったら違った(笑)
    終わり方はこれで良いのか悪いのか…うーん…ちょっと微妙。
    でも仁の性質上、こういうどっちつかずな終わり方にしか出来ないのかな…とも思ったり。
    でも曖昧な関係で終わってしまったからこそ読み手側にはちょっと複雑だったりします…。

  • 人外もの。悪魔×人しかもトライアングル。
    悪魔生物的に弱いというところが変わってますね。
    クリスと仁の関係って複雑。もちろんどちらも信頼しあっているのはわかるのですが、果純をはさんでの関係がわかるようなわからないような・・・・。その関係がまたよいのかも。

全4件中 1 - 4件を表示

ふたりの悪魔 (白泉社花丸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする