兇暴なる殉愛 (白泉社花丸文庫)

  • 50人登録
  • 3.22評価
    • (1)
    • (8)
    • (9)
    • (5)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 今城けい
制作 : 高嶋 上総 
  • 白泉社 (2012年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592876694

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

兇暴なる殉愛 (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

  • ヤクザ×議員の秘書
    狂犬のような攻が受にだけなつくというツンデレが大好物、愛憎、執着という言葉が大好物な私にはドンピシャでした(´Д`)
    エッチも衆人?プレイや電話をかけさせながら、などヨダレもの(´ρ`)
    ただ攻と受が惹かれあうのが過去でそれありきで話が進んでいくので、もうちょっと過去を掘り下げて、両者の心理描写しながらどうして惹かれていったか書いてほしかったので、マイナス1で…

  • 思っていた以上によかった!勲の素直じゃないけれど熱烈な想いに満足です。
    再会物はあまり好きではないのですが、今回は大当たり♪題名も見事な殉愛でした。
    いつものBLと違うところは玲也が勲の言うことを聞かないのはプライドではなく、もともと自分の今の状況が嫌だということ。それなのにそれ以上に勲のもとに行きたくないのは母親ではなくて勲自体にネックがあるという。でもさ、さすがにあのお食事会はないわ(笑)。

  • 自分の中で途中シリアスからトンキワに転落。可笑しかったです。

  • やっぱりデビュー作の「モルグの番人」が一番好きです、私。

  • ヤクザ×議員の後継者、再会、陵辱もの。
    最近のお気に入り作家さんですが、今作はあまり好みでは無かったかも。

    キャラクターにいまいち魅力が感じられない。
    受けの境遇には同情出来るし、好きな相手だからこそ報復みたいに抱かれる事に悲嘆する気持ちは理解できるが、何故そうまで頑ななのか?

    そして攻めの執着も子供じみていて…。

    ただ拘束・剃毛・嵌めたまま電話を掛けさせるなど、プレイのバリエは豊富です(笑)あわや眼球舐め?なシーンとかも、ドキドキしました。
    今城さんの描くエロシーンは個人的に結構好きなので、このあたりは楽しめた♪

    そして高嶋上総さんの絵、相変わらずお美しかったです!
    もっと色っぽいシーンの挿絵も見たかった。

全5件中 1 - 5件を表示

兇暴なる殉愛 (白泉社花丸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

兇暴なる殉愛 (白泉社花丸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

兇暴なる殉愛 (白泉社花丸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

兇暴なる殉愛 (白泉社花丸文庫)のKindle版

ツイートする