愛の蜜に酔え! (白泉社花丸文庫)

  • 208人登録
  • 4.17評価
    • (39)
    • (35)
    • (16)
    • (2)
    • (1)
  • 25レビュー
著者 : 樋口美沙緒
制作 : 街子 マドカ 
  • 白泉社 (2012年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592876847

愛の蜜に酔え! (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私いつも思うんですよ、BLの攻め様にね……


    とりあえずお前人の話をまずちゃんと聞けっっ!!!


    って。
    今回もご多分に漏れず、そんな攻様と、分かって貰えないけど健気な受様の
    王道少女漫画的展開一直線の擬人化昆虫シリーズ続編です。
    前回と同じパターンのハイクラス×ロウクラス(病弱)
    またか……? と思ったものの、樋口さんのファンタジー大好きなので
    全然気にせず読めました。
    『身分違い』『すれ違い』『健気受け』の三拍子揃って嵌らないわけないです。

    切なくてきりきり胸が引き絞られる展開が序盤から終盤までこれでもかって
    ほど続きますが、最終的に幸せなので大満足。
    攻のちょっと気持ち悪いくらいの執着にニヤニヤすること請け合い。

  • すっごい砂吐きそうなほどの少女の夢的なお話。これのCDの方を先に聞いてたけど、こんなに乙女の夢な話をあの声優さんが可愛らしく弱々しく演ってくれたのかと思うと申し訳ないくらい神々しい。
    すんげえ乙女の夢詰め込んだ話でしばらくこういうテイスト避けたくなったけど、正直に言うと何度も泣かされました。だって乙女の夢物語なんだもんよ!泣いたよ!!くそう、いい話だった……

  • 2012年出版の本です。今更ながらキャンペーンもやってたし、孕み系もあるとのことなんで読んでみました。
    残念ながらこの本は孕み系ではありませんでしたが、多分他の同じシリーズものでしょうね。評価も凄く良かったのですが、擬人化…獣系ならよく読んでるんですが、ムシ…ねぇ…と今まで読んできませんでした。
    しかし!虫といってもそんなに虫虫してなくて、言うなれば虫の外見じゃなく、生態の方ですね。
    他の方が沢山レビューされていますので詳しくはそちらで(笑)とにかく切なくて痛い。痛いって言ってもこの本の場合切なさ、心の痛みが殆どですね。この本1冊で何度泣いたか…こういう話好きです!

  • シリーズ第2弾、クロオオアリ・綾人×絶滅危惧種のクロシジミチョウ・里久。もう、2人のすれ違いっぷりが切なくて切なくて… 絶対女王が咬んでると思っていたけど、案の定だったし! 本人達にしてみたらどうする事も出来ない境遇で… 何度も涙目になりながら読みました。やっと想いが通じあった時には心底ホッとしました。攻視点のSSはデレッデレの綾人に笑ったよw

  • ムシシリーズ2作目。
    クロオオアリ・綾人×クロシジミチョウ・里久。

    健気受!もう里久が可愛い!可愛いけど可哀想で ( ˃ ⌑ ˂ഃ )
    そして、綾人…人の話聞こうよ…^^;

    記憶喪失ものだけど、記憶を失ってもやっぱり綾人を好きになる。
    切ないし里久が可愛いし
    綾人も苦しかったんだろうな〜と思うと
    切なさと愛しさが

    後半の綾人目線のお話。
    里久が可愛いくて可愛いくてどうしようもなく大好きで。
    もう里久にメロメロな綾人が見れて満足(*´ω`*)

  • 【シリーズ2】期待を裏切らず良かった。クロオオアリ綾人×絶滅危惧種クロシジミ里久(この受けも身体が弱い)。お互いに依存し合う昆虫の関係(毎度勉強になるなぁ)を上手く生かしているしそれに基づく設定も問題無くエロくて良かった。里久が記憶喪失になることで、また一から恋愛を始めたのに唸る。あの澄也も医師としてちらりと出て来たのもニヤリ。名前が昆虫のそれに近いのが記憶力が乏しくなってきた自分にはたいそうありがたい♪

  • 親ならば子供の幸せを一番に願うものだけれど、大きなものを背負っているとそうではないのかなぁ。
    や、幸せを一番に願っちゃうとこの子たちのストーリーが2ページくらいで終わっちゃうんだけどさ。
    大人たちの愛というエゴに振り回された二人。幼かった二人にはちょっと辛すぎるよね、これは。

  • 擬人化ファンタジーシリーズ物ニ作目。身分の差、すれ違いの連続、更には記憶喪失…とメロドラマの王道をいくようなストーリーだが、擬人化で特殊な設定なのでファンタジーとして素直に感情移入出来る。
    とにかく受が健気で可愛らしくて泣ける!こういうのは女の子が主人公だと何故かあざとく感じるwのに、男の子だと可愛くてきゅんきゅんしちゃうのは腐女子の欲目か…wかなり痛い展開ですが、ラストは甘々で幸せな二人が見れてよかった。シリーズ他作品も読んでみたいです!

  • 痛萌え。愛憎萌え。御曹司攻め×健気受け
    受けが他の男にいたされてしまうんですが。だからこその攻めの衝撃とか…。心臓にきたー。
    樋口さんはこのパターン多いけど、色々なシチュだからあきないし、まだまだおかわり状態です(´・ω・`)

  • 泣けた〜。これは、シリーズもう1作も読まねば。
    この作家さん、他の作品はあんまり好きじゃなかったんだけどな。
    このシリーズはツボかも。

全25件中 1 - 10件を表示

樋口美沙緒の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

愛の蜜に酔え! (白泉社花丸文庫)に関連する談話室の質問

愛の蜜に酔え! (白泉社花丸文庫)に関連するまとめ

愛の蜜に酔え! (白泉社花丸文庫)を本棚に登録しているひと

愛の蜜に酔え! (白泉社花丸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

愛の蜜に酔え! (白泉社花丸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

愛の蜜に酔え! (白泉社花丸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

愛の蜜に酔え! (白泉社花丸文庫)の作品紹介

ロウクラス種クロシジミチョウ出身の里久は、絶滅危惧種の為ハイクラス名家でクロオオアリの有賀家に保護されている。管理された生活の中、有賀家の「王」になる綾人だけは里久に優しかったが、綾人が高校に行ってからは会うことも手紙さえも拒否されていた。それでも綾人だけを想い続ける里久は、ある日綾人が病気にかかり治療には自分が必要だと知らされ、綾人の元に急ぐ。けれど、再会した綾人は別人のように冷たく、「治療」だと称し無理やり里久の体を奪い…。擬人化チックファンタジー再び登場。

愛の蜜に酔え! (白泉社花丸文庫)のKindle版

ツイートする