遠回りな恋だけど (白泉社花丸文庫)

  • 18人登録
  • 2.60評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 響高綱
制作 : こうじま 奈月 
  • 白泉社 (2012年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592876878

遠回りな恋だけど (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

  • 歳の差カップル良いですね~。千聡が一生懸命でかわいかったです。あとは大人な専務が両想いになったらかなり甘々なとこもツボ。

  • あらすじから見て受けの気持ちを知りつつも流す大人な攻めなのかと思いきや、二人とも片思いだったんですね。それはそれで面白かったですが、大学生の割にはちょっと子供っぽすぎたかな?とは思いましたけれど、楽しく読めました。 後半の2年後のお話はとっても良かったですね。受けに振り回されるというか子供相手にでも嫉妬してしまう、宣充が気に入りました。 切ないお話かな?と期待して購入したんですが、片思いだけれども路線的にはちょっとずれてたかな?

全2件中 1 - 2件を表示

遠回りな恋だけど (白泉社花丸文庫)の作品紹介

大学生の千聡は、幼馴染みで大手芸能プロダクション専務取締役の宣充に片思い中。写真やプロフィールを見ただけでその人物のカリスマ性がわかるという特殊能力を持っている千聡は、宣充の役に立ちたくてスカウトマンがわりとしてその才能を発揮していたが、宣充からは恋愛の対象として意識されず、かわいい幼馴染み程度にしか思われていないようだった。もっと仕事抜きで会いたいのにと不満をつのらせた千聡は、相手を伏せて恋の相談を宣充にもちかけることにするが!?十六歳の年の差ラブ登場。

遠回りな恋だけど (白泉社花丸文庫)はこんな本です

遠回りな恋だけど (白泉社花丸文庫)のKindle版

ツイートする