ポルノモード―恍惚の熱肌 (白泉社花丸文庫)

  • 35人登録
  • 2.75評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (2)
    • (3)
  • 5レビュー
著者 : 橘かおる
制作 : 七海 
  • 白泉社 (2012年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592876939

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ポルノモード―恍惚の熱肌 (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

  • AV監督×リーマン

    純愛だなぁ~!彼女に振られて仕事でミスをし飲んだくれてチンピラに絡まれていたところをAV監督の雅治に助けられた瞬。

    朝起きたら雅治のスタジオでAVの撮影中。その演技指導をしていた雅治に欲情してしまう瞬。

    雅治の監督作品をみて、クリエイティブな感想を持ち尊敬の念を抱く。
    その後、飲み会でゲイビデオに出るかと言うからかいに頷く瞬。

    雅治が演技指導を称して瞬を開発していく・・・・・・・

    と、まあ筋をなぞれば翻弄される受け的な感じだけど、どっこい、雅治も瞬を好きになってしまいお互い相手を思うあまりすれ違い。

    なんか可愛い大人があたふたしながら近づく感じで良かった!!

    全体的にスイート!ちょっと連れさり事件も起こるけどそれもちょっとしたものだし、それよりもマネージャーの幸田の家が893な話が気になる!
    スピンオフで幸田さんの話読みたい!!

    エロも多いけど挿入は最後だけ。でもいろんな手練が合って楽しめました!!

  • タイトルとは裏腹に純愛だった。
    AVを題材にしてるけど、撮影の様子とか演技指導はエロく感じなかった。雅治自身はフェロモンが出てるのはわかったけど。瞬の方は官能的だったけど。
    最中もエロいより可愛らしい。卑猥な言葉はよく云ってるけど。
    一目惚れして何とか惹きつけようと、四苦八苦している何とも可愛らしい話。イラストも話の雰囲気に合ってて良かった。

  • 平凡な会社員だったはずの瞬が、AV撮影現場を目にしてしまい、その監督である雅治に惚れ込み、まさかのゲイのAVに出演するという、面白設定!

    互いに想い合ってるのに、微妙にすれ違ってる二人。
    だけど、演技指導という名目で身体から始まる二人の恋愛に萌えました♪

    個人的には、幸田のお話も読みたいです♪
    実家がヤクザで、インテリ眼鏡、萌えますw

  • 攻:ワイルド、あっけらかん
    受:素直、純情

    さすがの花丸文庫。ジリジリ

    社会人で彼女と別れてすぐなのに、あんなに純情なのか

    大きな一軒家羨ましい。

    ラブラブ。
    そしてお約束の連れ去り事件。

    全体的に見ると、やっぱりものたりないけど
    手を替え品を替えはうまかったかな?

  • AV監督×純情リーマン。
    設定が設定だけに、絡みシーン肌色シーンはてんこ盛りなんですが、内容は明るくてスイートなラブロマンスです。
    失恋して、そのせいで仕事でミスしてしまい、泥酔した上にチンピラに絡まれてしまった瞬。深夜に起きたサイアクの出来事から助けてくれたのが、AV監督の早見。
    偶然のきっかけから、早見がAV製作をしている撮影現場を垣間見ることになってしまった瞬は、AV女優よりも彼女に演技指導をする早見の方を激しく意識してしまうことに。

    純情で平凡な生活を送ってきたリーマンが、刺激的な場面を目撃して、自分の生き方に対する意識まで変わっていくのにドキドキさせられました。
    一目惚れっていうやつですね。
    早見のセクシーさにみとれ、トリコになっちゃいます。
    世間知らずゆえの無謀な熱意が危うくもあり、一途でかわいいところでもあります。
    憧憬が嵩じて、早見から「ゲイビに出ないか?」と誘われ思わず同意してしまいます。演技指導されると、一生懸命応じてしまう素直さがかえってベテラン早見の下心を煽ってしまったりするのがツボでした。

    もちろん、早見の方も瞬に対する気持ちにはまるまる私情が混入していて、ゲイビ出演なんて口実なんです。むしろ、誰にも瞬の乱れる姿を見せたくないくらいご執心。こちらも、きっと一目惚れだったんだろうなという、はじめっから思わせぶりな態度です。
    しかし、エロ的には瞬の世間知らずに乗じてやりたい放題w
    演技指導じゃなくて、恋人調教?
    瞬に恥ずかしがりそうなこといっぱいさせて喜んでいる、さすがはAV監督です。
    しかし、イイ人なのかヘタレなのか、早見は瞬に対して最後の一線だけは越えることはありません。
    むしろ瞬の方が恥ずかしがりながらも、早見に対して「僕がイかせてあげたい」なんて、無意識だろうけどかなり積極的になっています。
    瞬が好きなくせに、ただの演技指導する間柄でしかないと自信なさげな早見は、ある場面を目撃して嫉妬にかられた末に彼の気持ちを確かめようとちょっとお粗末な芝居をしてしまいます。恋は盲目。

    893とのいざこざに瞬が巻き込まれそうになったりしますが、ちゃんと早見が身体を張って頑張ります。深刻なシーンはありません。あくまでもスイート。
    とても甘い気分に浸れました。
    七海センセのイラストも華を添えています!美しくエロス。

全5件中 1 - 5件を表示

ポルノモード―恍惚の熱肌 (白泉社花丸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ポルノモード―恍惚の熱肌 (白泉社花丸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ポルノモード―恍惚の熱肌 (白泉社花丸文庫)の作品紹介

「ゲイビデオに出てみないか?」カメラ・ドール賞の受賞歴もある、異色のAV監督早見雅治から、まさかの誘いを受けた都村瞬。出会いは偶然。酔って質の悪い輩に絡まれていた瞬を助けてくれたのが早見だった。介抱された翌朝、瞬は見た。生のAV撮影現場を。そして絡み合う役者にではなく、あまりに官能的な演技指導をする早見自身に欲情して…。-彼に触れたい…そして触れてほしい!彼のすべてに全身が反応する、耽溺の育性ラブ。

ポルノモード―恍惚の熱肌 (白泉社花丸文庫)はこんな本です

ポルノモード―恍惚の熱肌 (白泉社花丸文庫)のKindle版

ツイートする