兄と弟のおとぎ話 (白泉社花丸文庫)

  • 38人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (1)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 石原ひな子
制作 : 高宮 東 
  • 白泉社 (2013年4月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592877042

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

兄と弟のおとぎ話 (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

  • 初作家さんでした。文章がつるっとしてて、つるつる読んじゃって、話が入ってこなかっ…(笑)
    こういうのって何でしょう、相性なのかな。そのせいで心情変化がよく解りませんでした。弟が唐突に告白したなーていう。それまで捻くれてたのに。あと兄が意外でした。特に誰とも付き合わずにいるのかと思ったらその場限りの付き合いとか普通にしてて、それを「大人になれば解る」とか言ってて意外。絵の先入観のせいかも。弟の方も執着してるかと思えば他の女の人と試してるし、なんだか、割と一般常識的な話というか、現実的というか、あ、淡々としてるのかな。さらっとした話でした。

  • 本家跡取りの幸政の前途は多難だけど、やっと秋星を手に入れて、恋人になった二人。
    本家に縛られず、東京に戻ってからの新たな同棲生活。
    秋星は幸政を甘やかし、秋星を引っ張っていく幸政。幸せになってほしい義兄弟です。

  • 名家の血のつながらない兄弟の話。
    幼い頃に両親を亡くした秋星は父の友人に引き取られる。両親はよくしてくれたが、名家であったため長である祖母からはきつく当たられた。
    弟・幸政が生まれ、可愛がると同時に幸政も祖母から秋星を守ってくれた。仲の良い兄弟だったが、進学で家を出た秋星のマンションで男の恋人といるところを幸政に見られてから関係が悪化。
    そんなこんなしてる中、祖母が秋星に見合いと同時に地元に帰ってこいと命令。祖母の命令に逆らえない秋星は地元に戻り・・・
    繊細な兄に恋する強引な弟。という構図。
    まー、そこそこ・・・・。

  • とっても雰囲気のあるお話でしたが、残念ながら好みではありませんでした。
    特に兄。もっと自分を持って前に進んでほしいと感じ、もどかしかったですね。

全4件中 1 - 4件を表示

兄と弟のおとぎ話 (白泉社花丸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

兄と弟のおとぎ話 (白泉社花丸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

兄と弟のおとぎ話 (白泉社花丸文庫)の作品紹介

幼い頃は仲がよかった秋星と義弟の幸政。ほんの弾みで体を重ねてしまってから、お互いに避け合っていた。だが秋星に見合い話が舞い込み、大学を卒業した幸政は地元へ戻ってくることになり…!? 2013年4月刊。

兄と弟のおとぎ話 (白泉社花丸文庫)はこんな本です

ツイートする