旦那さまは執事に首ったけ (白泉社花丸文庫 よ 1-35)

  • 18人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 吉田珠姫
制作 : 香雨 
  • 白泉社 (2013年5月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592877073

旦那さまは執事に首ったけ (白泉社花丸文庫 よ 1-35)の感想・レビュー・書評

  • 主×従 健気受 年上攻 旦那さまシリーズ 俺様攻

  • (感想)

    望月豪士(社長)×望月遥(執事・嫁)


    大好きなシリーズで、何度も読み返してるから傷んでます(笑)
    この本もそのうちそうなる事でしょう…

    久々に出たシリーズ、悲しいお話から始まってます。
    いつもにまして超過保護ップリをみせる豪士と喧嘩して
    実家(イギリス)に戻っていた遥。
    急に掛かってきた電話で知らされた事とは…

    頑固でクソババァだった豪士のお母さんが
    とうとう亡くなってしまいました。
    1人でお母さんを看取らせた後悔と
    「血縁者は、全滅だな」という言葉で
    遥は豪士の父親を探す決意を!!
    貝塚に手伝ってもらい探し当てたのはいいのですが、
    思いもよらぬ結果が待っていて…
    別に死んでいたわけではありません、
    ちゃんと生きて家族と幸せに暮らしてます。
    ただ、ただ、過去の女性(豪士のお母さん)の事など、
    とうに忘れた存在となっていたのです。
    その事に余計に遥は後悔するのですが、
    2人で訪ねたマーサの言葉で
    豪士にとってのわだかまりみたいなものもなくなり、
    吹っ切れた感じ。
    両親はいなくても遥の愛情があれば大丈夫ですよね。

    後は短編がいくつか入ってましたが、豪士が遥に嫌われないよう
    今の体形を維持する為に
    500万もする世界にたった1台の器械をめぐり他の男と争うお話!!
    呆れるくらいの低争いですが、結局どっちの持ち物になったんだろう??

    後は遥の替え玉として身体を張ってくれた育也も出てきて
    彼氏達は可愛いパートナーを持つと大変だ~というお話。
    なんだかんだでお互いバカップルなのでしたvv

  • シリーズの短編集。1話目がシリアスでした。
    ま、前提甘々。
    少しだけ他のシリーズの二人も出てきたのが嬉しかった。

全3件中 1 - 3件を表示

旦那さまは執事に首ったけ (白泉社花丸文庫 よ 1-35)を本棚に登録しているひと

旦那さまは執事に首ったけ (白泉社花丸文庫 よ 1-35)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

旦那さまは執事に首ったけ (白泉社花丸文庫 よ 1-35)を本棚に「積読」で登録しているひと

旦那さまは執事に首ったけ (白泉社花丸文庫 よ 1-35)の作品紹介

大企業AMZの敏腕社長・望月のもとにスパイとして送り込まれた藤野遥。傲慢で人嫌いな望月の『執事』として働くうちに、彼の繊細な優しさに触れ恋に落ちる。やがて結婚式を挙げた二人に事件が… 2013年5月刊。

旦那さまは執事に首ったけ (白泉社花丸文庫 よ 1-35)はこんな本です

旦那さまは執事に首ったけ (白泉社花丸文庫 よ 1-35)のKindle版

ツイートする