明日はきみと笑うシャラララ (花丸文庫)

  • 39人登録
  • 4.08評価
    • (3)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : くもはばき
制作 : 奈良千春 
  • 白泉社 (2015年9月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592877424

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

明日はきみと笑うシャラララ (花丸文庫)の感想・レビュー・書評

  • オススメ本。
    デビュー作との事。
    しかしこの完成度の高さ!びっくりです。

    芸人を題材にしてるだけあってコミカル。関西弁のノリツッコミが面白い。
    笑いの中に切なさもあり胸にジーンとくる場面も。
    テンポの良い文章で読んでて楽しい。
    笑いあり涙ありの作品で次回作が楽しみな作家さん

  • 芸人を題材にしてるだけあってかなりコミカル!でも抑えるとこ押さえててジーンとくる場面も。関西弁のノリとツッコミが最高でした♫

  • ハウスキーパーの広川×元芸人で放送作家の片山。
    とてもよかったです。非常に会話のテンポがよく、笑いと切なさが渾然一体となって胸にジーンとくるお話で一気に読み切ってしまいました。

  • とてもテンポのよい文章で、途中で中断するのが難しいくらい。せつないけどおかしくもあっていいお話でした。

  • 奈良千春さんの絵に惹かれて購入。
    最初ちょっととっつきにくいかなーなんて思いながらダラダラ読んでたけど、気付いた時にはボロボロ泣きながら最後まで読み終えてました。

    この世界観、クセになります。

    両思いのラブラブイチャイチャシーンが無いのが唯一の不満でしょうか。

    デビュー作とのことで今後の期待も含め★5にさせてもらいました、

全5件中 1 - 5件を表示

明日はきみと笑うシャラララ (花丸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

明日はきみと笑うシャラララ (花丸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

明日はきみと笑うシャラララ (花丸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

明日はきみと笑うシャラララ (花丸文庫)の作品紹介

亡き相方・中本が忘れられず、荒んだ毎日を送っていた元芸人で放送作家・片山の元にやってきたハウスキーパーの広川。無口な広川の不思議なマイペースさに、片山はいつしか癒されるようになるが…!?
2015年9月刊。

明日はきみと笑うシャラララ (花丸文庫)はこんな本です

ツイートする