愛の在り処をさがせ! (白泉社花丸文庫)

  • 82人登録
  • 4.09評価
    • (17)
    • (8)
    • (5)
    • (3)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 樋口美沙緒
  • 白泉社 (2016年11月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (393ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592877448

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

愛の在り処をさがせ! (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 蜘蛛×蝶。子を為すためだけに攻めと寝る契約をした受け。一人でこっそり産んで育ててって…萌えるんだけど展開が予想通りすぎて残念でした。。きっと10年前の自分だったら泣けてただろうな。キャラの行動に泣かせる意図が透けて見えてしまって、素直に感情移入できなかったです。

  • [樋口美沙緒] 愛の在り処をさがせ | 全部読み終えた!なんと400ページの大ボリューム!でも…二人はこれから…って感じで終わっちゃたのㅜㅜ子供もいるのにどういうことですかって泣きたい(…) でも何を言われようが、この虫シリーズ独特の世界観と細かく描かれてる感情の流れは素晴らしい。葵は性モザイクだけどハイークラスってのもあって思ったより気が強い。テーラーさんの前でシモンに色々要求するシーンが印象的だった。
    シモンの愛に関する定義はいつか自分で思い知るときが来るんだろう。そばに葵と空がいるんだから!葵によって自分をコントロール出来ないことを恐がる感情こそが愛じゃないかな。もっと頑張れ、もうすこしだよ!

    -
    [히구치 미사오] 사랑의 존재를 찾아라 | 주인수가 호랑나비 계인데, 암수모자이크임-> 암컷의 성질과 수컷의 성질을 동시에 갖고 있는 유전자변이. 이런 걸 작품 배경으로 쓴 다는 게 진짜 넘 기발하고 신기하고 잼남 ㅜㅜ 엠프렉 만세!!
    으허허허어어어엉 넘 잼있어 ㅜㅜㅜㅜㅜ 사랑하고 싶고 받고 싶은 아오이가 자신을 필요로 하는 사람을 찾아 자기 성(性)까지 바꾸는데 도착해봤더니 애 낳는 도구에 지나지 않았... 이 찌통과 신파의 느낌ㅋㅋㅋㅋ

  • 大好きな昆虫擬人化BLシリーズ。
    格差恋愛の王道パターン。
    お約束の展開なんだけど読んじゃう!!ヾ(≧▽≦)ノ
    子孫を残すのが最重要のケルドア公国の大公・シモン。
    性モザイクのためハイクラスでも
    母親や兄姉、周りから空気のような扱いを受けていた葵。
    愛を知らない2人、淋しい2人。
    心惹かれるが周りの環境など
    紆余曲折有りまくりのなか離れてしまう。
    淋しいから愛されたいじゃなく、
    愛されたいから愛するじゃなく、
    愛したいから愛するに気付いた葵の取った行動は…!?
    お互い自分の気持ちを自覚しスタートラインに立つまでのお話。

  • だーもうめんどくせーなシモンってば(爆)。

    でもってやっぱり続きが気になる。
    空くんが成長してからの話も読みたいし
    翔くんもフォローしてあげて欲しいし
    まだいろいろと余白がある感じです。

  • 今回の攻めざまぁは大公様!これはもしかするとムシシリーズのアラブものもあるかもしれない。

  • くそう!ラスト思わず涙がこぼれてしまった!これはぜひ続編読みたい読みたい読みたい読みたい!!!!

  • BLだけど厳密にはBLじゃないかも?
    性モザイクという男でも女でもある性別なので苦手な人は注意が必要です。オメガバース好きにはお勧めしたい。

    さて、大好きムシシリーズ(現実の虫は見るのも嫌)
    孤独と愛がテーマです。
    シモンが曲者すぎて振り回される葵が可哀想でした。
    ラブ度はシモンがアレだから低いまま終わっちゃったので、あとがきにあるように短編でもいいので読みたいですね!

  • 「愛の巣へ落ちろ!」「愛の蜜に酔え!」「愛の裁きを受けろ!」「愛の罠にはまれ!」「愛の本能に従え!」に続く虫シリーズ第6弾。
    グーティサファイアオーナメンタルタランチュラ×性モザイクのナミアゲハ。

    シモンと葵が愛を見つけるまでの話です。すごく切なくて、涙無くしては読めなかったです…ボロ泣き。
    ♂×♂の愛の話ではあるけど、シモンと葵の間には二人が背負った母と子供の愛と葛藤が根深く存在していて。
    なのでエロよりも、葵と空とかパパとママとか、そういう絆と愛情みたいなものがメインになった展開でした。
    大きな愛の物語になっていましたね…

    シモンと葵は、身体から始まった関係…というか、子作りから始まった関係なので、ラブが置いてきぼりでw
    そこが今回の一番の注目点でもあったので、そんな二人の気持ちがどう動いてどう近づいていくのか、本当に焦れ焦れとさせられました。
    無償の愛をくれなかった母親たちのせいか、シモンも葵も愛に不器用で意固地なのですw
    葵が「愛して欲しい」から、「愛したい」に変換できたのは、きっと無邪気な空の存在のおかげですね。空はパパやママを大好きなだけじゃなく、親よりずっとしっかりしてて頼もしくかわいかったです!

    二人のラブラブは、やっとこれから始まるかんじですね。
    フリッツが"唐変木"って言ってたシモンが、成長&変化して甘い言葉を言えるようになるのを想像するだけでもニヤつけます。なんか無理そうな気がするけど…
    後日談、甘いのてんこ盛りでプリーズ!

  • 基本的には面白い。面白いんだけど、BLなのに妊娠って、子供って。キライじゃない設定だけど、それが前面にありきなのには引っかかりを覚えるてしまう。
    身体が弱く、健気な受。愛を知らない攻。話としては、わかりやすいです。話の運び方が上手な作家さんだと思います。
    コミコミ特典小冊子。アニメイト特典。二つとも買いました。

  • 【ムシシリーズ6】タランチュラ×チョウ。感動に打ちひしがれて言葉もありません…と書きたいヘタレです。うるうる目線で我慢してたのに「パパ、はろー、あいむそら」でもう涙腺決壊。シモンには母親(アリエナではなく)目線で寛大に、葵には頼もしい親友を見てるような気持ちで応援しながら読了。期待を裏切らないお話に感服。7才の子どもから急成長したシモンはこれから夫としても父親としても甘々になるんだろうなと思える★街子さん絵以外は考えられないね★グーティサファイアオーナメンタルタランチュラをぐぐっちゃった。とても綺麗‼︎(≧∇≦)

全10件中 1 - 10件を表示

愛の在り処をさがせ! (白泉社花丸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

愛の在り処をさがせ! (白泉社花丸文庫)の作品紹介

ナミアゲハ出身の葵は、ロウクラスに紛れ隠れるようにタランチュラの子供を育てていた。ある日、グーティサファイアオーナメンタルの最後の1人で、ケルドア公国大公シモンの来日を知り心を乱され…
2016年11月刊。

愛の在り処をさがせ! (白泉社花丸文庫)のKindle版

ツイートする