ガラスの仮面 (第11巻) (白泉社文庫)

  • 303人登録
  • 3.72評価
    • (36)
    • (15)
    • (65)
    • (2)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 美内すずえ
  • 白泉社 (1994年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592880110

ガラスの仮面 (第11巻) (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再読。

    「マヤ…うまくお演り…
    虹の中にあんたの家族がいる…」

    マヤの演じる役柄と、現実の境遇とを重ね合わせた、麗の台詞が刺さる。
    前巻が暗かった分だけ、今巻は大きなカタルシスがある。

  • 2015.6.14市立図書館
    100万の虹①
    自信喪失し役者の道をあきらめ大都芸能を辞める前の最後のお仕事として代役出演した「夜叉姫物語」の泥まんじゅうで再び芝居への本能に目覚めるも、大都芸能との契約を破棄しゼロからのスタート。学園祭での一人芝居「女海賊ビアンカ」好評再演に続いて一人芝居「通り雨」へ、一方の亜弓も一人芝居「ジュリエット」へ。
    私生活では、かつての仲間麗たちのアパートに戻る。
    解説は元プリンセスプリンセスの今野登茂子。

    「観客こそ偉大な指導者」(月影千草)

  • 演劇復帰。……どこへ行っても妬まれるマヤがちょっと不憫。

  • ここまでくると良い意味でコメディの世界に突入してるな。
    主人公二人をはじめ皆真剣なだけに、余計に笑いの渦が大きくなってくる。
    ここまで作者が狙っているのだとすれば凄いことです。

  • 体育倉庫での一人芝居…。やるなあマヤ‼

  • マヤが立ち直れたのも、あゆみさんの友情と真澄さんのおかげ。
    これからますます目がはなせません!

  • 速水さんかっこよすぎる・・・!!早く続きが読みたい。

  • 11~15巻読了。
    忘れてる!!
    読んだ内容かなり忘れてる!!
    一人芝居なんてやってたっけか…?
    真夏の夜の夢とふたりの王女は覚えてた。
    むしろその二つの印象が強すぎたんやろか。

    王女の二次オーディションの「感動を生む」が好き。
    違いを沢山見せられて、かつ魅せられるってほんまに天才よな。

  • 高校でのひとり舞台をはじめた巻です。このあたりがとても面白くて大好きな巻です。

全12件中 1 - 10件を表示

ガラスの仮面 (第11巻) (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第11巻) (白泉社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする