ガラスの仮面 (第12巻) (白泉社文庫)

  • 298人登録
  • 3.70評価
    • (30)
    • (22)
    • (63)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 美内すずえ
  • 白泉社 (1994年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592880127

ガラスの仮面 (第12巻) (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 月影先生や亜弓が時折見せる、マヤの才能に対する情熱や執着。今巻でも、ふたりがそれぞれのシーンで放つ台詞が見事に決まっていて、名台詞になっている。

  • 2015.6.21市立図書館
    体育倉庫での一人芝居「通り雨」から亜弓の一人芝居「ジュリエット」、演劇部「わが作品No.707 いとしのオランピア」お手伝いロボット・ルル役で客演、亜弓受賞パーティーの席上で月影から「紅天女」主演&上演権獲得への条件提示。
    高校卒業、劇団一角獣帰京、速水の影の使い(草の者?)聖唐人登場。姫川亜弓の生い立ち回想(七光じゃなくてほんとのわたしをみてほしい!)がたっぷりめ。「天才少女」は名ばかりの努力の人、真の天才のマヤと競ったうえで役を勝ちとることにあくまでもこだわる亜弓の客観的かつ公正な評価を常に求めてきた生い立ちが切ない。
    解説は呉智英。「徹底した通俗性とご都合主義」という賛辞。

  • 94年時点での解説で、少女マンガ(スタイル画+ストーリーマンガ)って日本独特のマンガジャンルってなっているけど、今でもそうなんだろうか?
    メモ。スタイル画……洋服を見せるための絵。戦後から70年代にかけ一世を風靡し、中原淳一、長沢節などスター画家も多数生んだ。また、そこから漫画に転用された、物語の脈絡とはあまり関係なく描かれるモデルのようなポーズをとった全身画。大ゴマやぶち抜きの手法を使って、大きく描かれる。主に少女漫画で使われる。(はてなキーワード参照)

  • ここまで来たら意地でも読み切らねばいかん。
    話自体は延々と作者の気持ちのままに続いているだけで、既に良し悪しのレベルを超えてます。要はこの作家の我儘が好きか嫌いかだけでしょう。

  • 亜弓さん、素敵すぎる!

  • 亜弓さんは頑張り屋さんだなぁ。

  • マヤちゃんも高校も卒業ですね。

  • 一人芝居。一人しか登場人物の出ないマンガって、画面を作るのがとても難しいのです

  • しょっちゅう目が白くなる。いつになったら紅天女をやってくれるのかしら。

全11件中 1 - 11件を表示

ガラスの仮面 (第12巻) (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第12巻) (白泉社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする