ガラスの仮面 (第18巻) (白泉社文庫)

  • 287人登録
  • 3.67評価
    • (29)
    • (15)
    • (63)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 美内すずえ
  • 白泉社 (1995年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592880189

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ガラスの仮面 (第18巻) (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2015.8.29市立図書館
    紫の影②
    狼少女ジェーンとなるべく「忘れられた荒野」の稽古に励むもなかなか野生の演技がつかみきれず思い切った行動に出るマヤ。一方、上演へむけての環境は坂を転がり落ちるように悪くなっていき、黒沼の演技指導についてゆけない役者たちも芸術祭参加資格も星歌劇団トップスター円城寺まどかの退団後の初舞台「イサドラ!」に奪われる。ついには役者はマヤと桜小路優だけになったどん底からオーディションで役者を補充し稽古は軌道に乗り始める。「イサドラ!」の初日のパーティーまで。
    プライベートでは速水と鷹宮紫織の交際が明るみになり、マヤは現実を受け入れ祝福しようと努める一方で速水は悩みを深める。速水会長が秘密裏にマヤに接触。
    解説の家田荘子も書いているが、この物語のすごいのは、いまやWヒロインというべきマヤと亜弓がふたりともこのうえなく純粋に芝居を愛し、権謀術数など眼中に無く(むしろそういう存在を憎む気持ちさえ演技のエネルギーになるほど)フェアであること。さわやかすぎる。

  • 話の大筋はだいたい読めるわけですが、うーん、なんでかどんどん読まされる。

  • 恋愛という基軸を前面に押し出した巻。
    これだけ王道的設定を堂々と語り尽くすところ、確かにファンには堪らんのでしょう。

  • 本巻終盤、役を掴んで戻ったマヤの表情が何と清々しく凛々しいこと!
    今まで見た中で一番の表情だと思います。

  • まだ舞台前・・・

  • 真澄さんへの気持ち。桜小路くん。紅天女の故郷。
    萌えの連続攻撃!! ここらへんから収拾が付かずグダグダに。。。

全8件中 1 - 8件を表示

ガラスの仮面 (第18巻) (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガラスの仮面 (第18巻) (白泉社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする