ガラスの仮面 第24巻 ふたりの阿古夜 1 (白泉社文庫 み 1-38)

  • 223人登録
  • 4.15評価
    • (23)
    • (23)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 美内すずえ
  • 白泉社 (2010年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592880240

ガラスの仮面 第24巻 ふたりの阿古夜 1 (白泉社文庫 み 1-38)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015.10.17市立図書館
    梅の谷から東京に戻り、「紅天女」試演に向けて稽古に励むマヤと亜弓たち。亜弓は亜弓なりのアプローチで着々と、一方のマヤはプライベートな感情から芝居に集中できないこともあり、役がつかみきれず悪戦苦闘が続く。このあたりから演劇<<<恋愛のもつれという感じに。それぞれに想い人をもちながらも改めて近づく桜小路優、その存在に警戒する速水真澄。大変だ…
    前の巻あたりから、小道具に携帯電話が出てくるようになり、
    桜小路くんの言葉遣いもイマ風になったりしていて、始まりが昭和だったことを思うと不思議な感じ。
    巻末は能で一足早く「紅天女」を上演した梅若玄祥と美内すずえの対談。

  • マヤがゴンで、亜弓がキルア……いや、ちょっと違うか……
    速水さんがストーリーを動かす方ではなく、ストーリーに動かされる方にシフト、という雰囲気が強まった。1巻から24巻へと話が進むに連れて、ストーリーの主導権が経営者や劇場主、演出家から役者自身に少しずつ移り変わってきたような感じがする。もちろん、端から、役者であるマヤと亜弓に主眼が置かれてきていたわけではあるのだけれども。
    富士急ハイランド、登場の巻。

  • 500P以上あるかな。次第にP数、内容が濃くなるポッターを思い出さずに居られない。

  • 文庫の24巻は、月影先生が山から降りてきて、マヤたちの試演のための稽古を見に来るというところで終わりました。
    月刊誌連載の方はもっと先に進んでるだろうけど、文庫で読んでる私がそこに行きつくのは、もうしばらくガマンなのです。
    あとがきの、能楽師の方と美内すずえさんのスペシャル対談が面白かったですねぇ~。
    「紅天女」は新作お能になってるんですねぇ。なるほど!

  • 【覚書】
    ピザの上に乗っているのは~?
    「チーズ!」


    単行本持ってるけど買ったよ。
    へへ…

  • 噂の携帯が出てきたw しかし、マヤモテすぎ。桜小路くんはさわやかだなぁ。でもやっぱり速水さんが素敵!

  • ついつい買ってしまった……!

    しかし一体いつになったら紅天女は決まるのか。
    そしてマヤは今いくつなのか……。
    今回桜小路くんとワインを飲んでるシーンがあったから、もう未成年ではないのね。

    今回は桜小路くんと真澄さまがいい味出してたな~。

  • 文庫がでるのを待ちきれずにコミックスを買ってしまっていたので新鮮味はない。エンディングが待ち遠しい作品の一つ。

  • いい加減昔立ち読みで読んだ展開を漫画でみたいよ~。あの続きが気になるよ~

  • 紅天女

全25件中 1 - 10件を表示

ガラスの仮面 第24巻 ふたりの阿古夜 1 (白泉社文庫 み 1-38)に関連する談話室の質問

ガラスの仮面 第24巻 ふたりの阿古夜 1 (白泉社文庫 み 1-38)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ガラスの仮面 第24巻 ふたりの阿古夜 1 (白泉社文庫 み 1-38)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガラスの仮面 第24巻 ふたりの阿古夜 1 (白泉社文庫 み 1-38)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガラスの仮面 第24巻 ふたりの阿古夜 1 (白泉社文庫 み 1-38)を本棚に「積読」で登録しているひと

ガラスの仮面 第24巻 ふたりの阿古夜 1 (白泉社文庫 み 1-38)はこんなマンガです

ツイートする