綿の国星 (第3巻) (白泉社文庫)

  • 309人登録
  • 3.98評価
    • (52)
    • (20)
    • (52)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 大島弓子
  • 白泉社 (1994年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592880639

綿の国星 (第3巻) (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 主役がチビ猫という名前なのは革新的だ。

  • おれさ あんたの映画とりたい

    お手持ちのきなこもち…いやゴマよごしといったお荷物はなんでございましょうかお客様
    え?これ猫です もう浜でころげまわって砂まみれですけどシャワーで洗えばほんのりかわいい猫になりますから そしたらごらんにいれますわ

    ねこふまないで ねこふまないで ねこふんじゃーふんじゃーつぶれちゃう

    そいでもってそいでもって


    みつあみが前より無邪気な印象で可愛い

  • 大島先生の物語には可愛らしさがいっぱい詰まってる。
    描きながら自分の中の自分を育て、慈しんでいるかのよう。

  • いい話が多い

  • どちらにしてもわたしはたいへん君を好きだったね。

  • 『ペーパーサンド』が4巻通して一番すき。
    わたしも小さい頃砂場の砂をずっと掘っていけば
    地球の向こう側に行けるのだと思っていた。

    「その野良猫はトイレをする様子もなくて
     ペーパーサンドを幸福の種のように
     地面にまいたんだよ」(P136)

  • 双子の猫の話が印象的。

  • すきだな

  • 猫は
    だれにも信用されずに
    日がな一日
    光を浴び
    風の舵をとって
    歩いたり
    走ったり
    寝ころんだりする

    そうして
    その目で
    より細密に
    この世のシャッターを
    切りつづけるのだもの


    人間より早く
    大人になってしまうのも
    無理はない

     (「毛糸弦」より)

全10件中 1 - 10件を表示

大島弓子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

綿の国星 (第3巻) (白泉社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

綿の国星 (第3巻) (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

綿の国星 (第3巻) (白泉社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

綿の国星 (第3巻) (白泉社文庫)のKindle版

ツイートする