パタリロ!―選集 (8) (白泉社文庫)

  • 79人登録
  • 3.75評価
    • (5)
    • (5)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 魔夜峰央
  • 白泉社 (1996年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592880783

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

パタリロ!―選集 (8) (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 8巻に収録された話はどちらもけっこう救いがない…。アンドロイドの一家も、母普通に滅しちゃってるし、その後の母娘の話も、その解決方法でいいの…?っていう。次の病・怪我を不思議な力で治してしまう少年の話も、、、。パタリロも時には過ちを犯すんだよねってことだけど、うーん、辛い。

  • 読書録「パタリロ!選集8」4

    著者 魔夜峰央
    出版 白泉社

    P140より引用
    “おまえひょっとしたら
    冗談ではなく本気で
    ぼくが人間じゃないと
    思ってるのか?”

     目次から抜粋引用
    “さよならアフロ
     悲しみのプララ
     アトランダム
     涙のプララ
     恋はせつなく”

     南海の小島の王国の少年国王を主人公とした、少女漫画風ハ
    チャメチャギャグ漫画。
     家族揃って食事をしているプラズマ一家、しかしプララが好き
    嫌いを言ったためアフロと喧嘩になってしまい…。

     上記の引用は、バンコランに対するパタリロの一言。
    生身で時間を越えることが出来て、目で煎餅を噛めるような人間
    は、他の人には人間と思われなくても仕方ないのかも知れません。
     少々悲しくて重い話がまとめてあるので、気楽に読みたい人に
    は向かない巻かも知れません。

    ーーーーー

  • 『FLY ME TO THE MOON』が最高にヤバイ。

  • 「パタリロが泣いた日の巻」
    不朽の名作、「FLY ME TO THE MOON」収録巻。
    また、「忠誠の木」「霧のロンドンエアポート」が収録された選集3「タイムワープの巻」も外せない所。

全4件中 1 - 4件を表示

パタリロ!―選集 (8) (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パタリロ!―選集 (8) (白泉社文庫)のKindle版

ツイートする