風と木の詩 (第1巻) (白泉社文庫)

  • 603人登録
  • 4.00評価
    • (112)
    • (49)
    • (103)
    • (4)
    • (0)
  • 70レビュー
著者 : 竹宮惠子
  • 白泉社 (1995年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (337ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592881513

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
日丸屋 秀和
有効な右矢印 無効な右矢印

風と木の詩 (第1巻) (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大学生のころ私はただのおたくでした。
    「普通の恋愛ものだなあ」
    と思いました。

    社会人になって腐男子デビューしました。

    読み返して思いました。
    「やおいというのはセルジュとジルベールではない。
     セルジュとパスカルのことだ」

    上記の見解について、さる腐女子の方と意見が一致しました。

    しかし彼女はその先を行っていました。
    「ではセルジュとジルベールというのはなにか。
     あれは百合だ。」

    私が彼女の見解を正確に理解できる日はくるのでしょうか。
    おたくの道とセックスの道は、某ミラクルホールの如くに奥深きものがあります。

  • 1・3・6・9・10(ばらばらにしか揃わないけど、結末まで知ってしまった)

    耽美に関するあらゆる様式美が揃っている。
    っと思ったら、逆に私の知っている様式を形成したのがこの作品てことなんじゃないの?!と気付いて(  Д ) ゚ ゚
    隠すことによって際立たされるエロス。
    革命的。

    っと思ったら割と明らさまに描かれているのですね。それでも体温や体液を連想させないからか、いい意味で生々しさが欠けていると思います。

    不器用すぎる少年たち。いびつに大人になってゆく。

  • ビッチの可愛さを知りました。

  • 竹宮恵子の代表作として人気があるみたいだが、個人的には好みじゃなかった。ほかの作品でも当たりはずれが結構ある印象。

  • 1995年(底本1977年?)刊行。

     本作の本質を理解できるほど、あるいは的確な感想を叙述できるくらいに感受性は鋭くはないのは自覚している。その上でではあるが、本書は、「汚された」との自意識を持ちつつ、人として生きていきたい、その葛藤が生々しく描写される一編と見てみたいところ。

  • これはBLって括りに収まりきらない作品だと思う
    最終巻読んでから一週間は立ち直れなかった

  • ジルベール派

  • ボナーーーールーーーーーーー!!!!!!!!

  • BL読むならこれは読んでみて!と、友人に勧められて読み始めた作品。
    なんでもっと早くに読まなかったんだろう。
    こんなに深い愛情をもってしても幸せになれない2人を、どんな言葉でなんと表現したらいいのか。わかりません。
    ただの思春期、青春なんていう言葉だけでは片付けられないし、愛だ恋だという言葉では足りない。
    もっと深く複雑で、不器用だけど情熱的なその内容に、ページをめくることをやめれませんでした。
    6巻がとても幸せな期間だったと思うのですが、そこからの堕ちっぷりに心がしめつけられて辛かった。

    名作です。

  • バイブル。

全70件中 1 - 10件を表示

風と木の詩 (第1巻) (白泉社文庫)に関連する談話室の質問

風と木の詩 (第1巻) (白泉社文庫)に関連するまとめ

風と木の詩 (第1巻) (白泉社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

風と木の詩 (第1巻) (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風と木の詩 (第1巻) (白泉社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

風と木の詩 (第1巻) (白泉社文庫)はこんなマンガです

ツイートする