風と木の詩 (第2巻) (白泉社文庫)

  • 185人登録
  • 3.78評価
    • (21)
    • (11)
    • (30)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 竹宮惠子
  • 白泉社 (1995年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592881520

風と木の詩 (第2巻) (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2巻まで一気読み。元々どんな話か大体は知っていたので覚悟はしていたけれど、思った以上に話が複雑。セルジュとジルベールが対照的。

  • パットー!俺だーッ!結婚してくれー!

  • 何かを求めて多数の男に抱かれるジルベールを救済しようと試みるセルジュ。しかし、ジルベールを取り巻く事態は深刻なものであった。
    学院に多額の寄付をするジルベールの父、学院を牛耳り続ける卒業生の叔父オーギュスト。
    二人に大きな渦が襲い掛かる。

全3件中 1 - 3件を表示

風と木の詩 (第2巻) (白泉社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

風と木の詩 (第2巻) (白泉社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

風と木の詩 (第2巻) (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風と木の詩 (第2巻) (白泉社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする