エイリアン通り(ストリート) (第1巻) (白泉社文庫)

  • 291人登録
  • 3.81評価
    • (42)
    • (39)
    • (68)
    • (1)
    • (0)
  • 34レビュー
著者 : 成田美名子
  • 白泉社 (1995年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592881919

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
樹 なつみ
有効な右矢印 無効な右矢印

エイリアン通り(ストリート) (第1巻) (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 電子書籍で手に入れて、20年ぶりに読み返してみた「エイリアン通り」。LaLaの看板作家として30年以上君臨した大御所・成田美名子の出世作である。連載時(1980年代前半)はアメリカを舞台にした少女漫画がほぼ皆無である中、当時の日本の若者が憧れた「アメリカのスクールライフ」のステレオタイプなイメージを鮮烈に描き切っている。この抜群のセンスの良さは、今読んでも色褪せることはなく、時代を超えた名作と呼ばれるにふさわしい作品だと言える。

  • 白泉社文庫、全4巻読了。16歳アラブ王子のロス留学物語。飛び級しまくり&女の子にはモテまくり。けれど心はガラスで出来ているシャールくんが「本当の仲間」を見つけていくお話。あくまで仲間中心でお話しが進むので、日本人の女の子との恋は小さじ一杯ほど。帰る場所がある人は強く優しくなれる。でも例え無くなってもまた作ればいい。場所に人に縛られず縛らず会いたい時に会う。「自由」「個人」「仲間」相対しているようで全ては一つ。中高生のうちに出会いたかった漫画。

  • 初期作品なので絵も癖があってちょっと見にくかったり、話も分かりにくいトコがあったりするけど、キャラが魅力的。

  • 帰って来ることができる、何年たってもいつでも戻ってこれる「家」。別れを恐れるのは自分に繋がっていられる自信が足りないから。
    卒業を前にして、色々と考えさせられる良作。
    セレムが好きでした。

    全四巻

  • CIPHERからはいった成田世界
    その基礎がここに構築されています。

    飛んだ設定だけど、少女漫画的なものだけでは収まらない「社会」を見据えて自分がどうアクションを起こしていくのか、青年期の成長を見ることができる。

    読むたびに何度も、思春期を思い出します。
    同世代の時にこの作品を読みたかったな。

  • 久しぶりに読んでみた。
    大学時代、サークルの女友だちがLaLaを読んでいて、新しい号を買うたびにひと月おくれで貰い受けて読んでいたものだ。
    スマホも携帯もインターネットもない時代。
    登場するのはみな、底からの悪人ではなく、「ひと」というものを絶対的に信じたくなる。
    何十年も経っているが、いまでも好きな作品だ。

  •  古式ゆかしい少女漫画のヒーローが出てくる。
     うん。典型的でかっこいい。これを照れもなく堂々と書くために、舞台は海外だったりするんだろうか……日本人でこのヒーローはいくら少女マンガとはいえどうなんだろー。
     …………あれ? 少女マンガのヒーローに日本男児はなれないってこと?

  • 少女漫画かどうかはわからんが、
    漫画の傑作の部類に入ると思う。
    いつの時代も
    読み継がれてほしい本。

    アイデンティティ、人種、宗教、友情、恋愛、
    生きているとぶちあたる数々の壁が
    たいてい描かれている
    バイブル。

  • 全4巻 完結

  • かわいい!和む

全34件中 1 - 10件を表示

エイリアン通り(ストリート) (第1巻) (白泉社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

エイリアン通り(ストリート) (第1巻) (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エイリアン通り(ストリート) (第1巻) (白泉社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

エイリアン通り(ストリート) (第1巻) (白泉社文庫)のKindle版

ツイートする