メッシュ (2) (白泉社文庫)

  • 150人登録
  • 3.95評価
    • (22)
    • (15)
    • (23)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 萩尾望都
  • 白泉社 (1994年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592883036

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

メッシュ (2) (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 第2巻に収められた、「革命」や「千の矢」と題された章では、メッシュとミロンの身に起こったエピソードを通して、傷つきやすいメッシュの心がたどられています。

    また、「モンマルトル」や「船」と題された章ではメッシュの過去が、「耳をかたむけて」と題された章ではミロンの過去が明らかにされています。『トーマの心臓』の番外編でオスカー・ライザーの幼少期を描いた「訪問者」にも通じるような、著者が作品の中で繰り返し扱うことになる中心的なテーマが見られます。

  • ミロンの故郷と故郷のないメッシュ

  • 1巻に続いてほぼ10年ぶりくらいに読み直して、なんか意味不明感が強かった。短編でほほえましい内容のものが多いのだけれど、メッシュの過去が明かされるものあたりからちょっと雲行きがあやしくなっていくのだ。

  • メッシュが恋をした!って驚きました。大人になる第一歩を通例儀式として過ぎたお話が静かに大好き。パリの雰囲気がじわじわ伝わる。

  • これを待っていたの<br><br>あなたが呪文をとき<br><br>---わたしを許してくれるのを------

全6件中 1 - 6件を表示

メッシュ (2) (白泉社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

メッシュ (2) (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

メッシュ (2) (白泉社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

メッシュ (2) (白泉社文庫)はこんな本です

メッシュ (2) (白泉社文庫)のKindle版

ツイートする