花咲ける青少年 (第1巻) (白泉社文庫)

  • 277人登録
  • 3.86評価
    • (56)
    • (32)
    • (76)
    • (0)
    • (1)
  • 31レビュー
著者 : 樹なつみ
  • 白泉社 (2001年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592883050

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
樹 なつみ
有効な右矢印 無効な右矢印

花咲ける青少年 (第1巻) (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中盤政治や誰が誰々を利用する誰々と手を組む…などの話になってきたときはちょっとつまらなかったがラストは登場人物それぞれの内心に秘めた悩みに一応の決着がつきかつ壮大にロマンチックに終わったのでよかった!
    ムスターファはドM。ルマティの「こんなときはお前に隣にいてほしいよクインザ」(うろ覚え)にはじーんときた。クインザのすべてはルマティのためだったんだよなあ。。

  • 特別編を読むために文庫版を購入。前に読んだの何年前!?(笑)内容ちょっと忘れてる部分があるから…。久しぶりに読んでもやっぱ面白い♪登場人物たちがみんな魅力的!

  • 特別編を読むにあたり、復習で購入。なんたって初めて読んだのが中学の時…記憶ないよ…。
    ムスターファ、私も愛してる!

    文庫の1巻は、お金持ちの主人公:花鹿の夫探しが開始され、1人目とのやり取りで終了。
    リーレン派とユージィン派に分かれる予感。私は今の所、リーレンです。

  • 特別編を読むにあたり復習として文庫版購入。やっぱり面白い!けちらずに愛蔵版買えば良かった(>_<)

  • 全巻買いました。面白かったです。

  • ■未購入
    ■¥630×全6巻

    愛蔵版 (花とゆめCOMICSスペシャル)¥820×全6巻よりもコッチのが安い。。。

  • キャラクターの美しさに本を思わず投げ出したくなるほどにキャラクターがすばらしい。先が読めそうで読めないのもいいのね。

  • 第一印象が、こんなお話なかなかないだろう!でした。
    樹さんのお話、本当に好きだなぁ…!
    スムターファー!!笑

  • 面白いマンガを探してN氏に聞いた。
    ためしに1冊買ってみた。
    思ってたよりおもしろいー次も買うと思う。
    それよりOZが気になってきました。

  • アメリカの大財閥会長令嬢(ただし離島で育ったため深窓とは違った意味で世間知らず)である花鹿は、父親より突然、ひとつのゲームを行うよう言い渡される。
    ”父親が選び抜いた三人の候補者を自分でさがしだし、その中から夫とする者を選べ。”
    花鹿には重い宿命がある、と言いながらも「夫さがし」ゲームの真相は分からないまま普通の生活を続ける花鹿の前に、やがて強烈な印象を与える青年が現れる。彼らに関わっていく内やがて、ある国の政争に巻き込まれていく。

    とりあえず、登場人物の殆どの設定が飛び抜けてゴージャス。主人公は世界的大財閥会長のひとり娘、目付役は華僑大財閥の総帥、フランス貴族で実業家一家の三男、アメリカ名門財閥の跡取り息子、そんで、とある国の第二王子。
    巫山戯てるくらいにぶっとんだゴージャスさですが、読んでいる内に気にならなくなるから不思議。

    少女漫画だけども話自体はシビアに作られていて、設定と展開が上手いので多分男の人でも普通に読めると思う。
    結末もうまくまとめられている。

全31件中 1 - 10件を表示

花咲ける青少年 (第1巻) (白泉社文庫)に関連する談話室の質問

花咲ける青少年 (第1巻) (白泉社文庫)に関連するまとめ

花咲ける青少年 (第1巻) (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花咲ける青少年 (第1巻) (白泉社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする