甲子園の空に笑え! (白泉社文庫)

  • 817人登録
  • 3.88評価
    • (142)
    • (83)
    • (180)
    • (3)
    • (2)
  • 82レビュー
著者 : 川原泉
  • 白泉社 (1995年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592883128

甲子園の空に笑え! (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とある高校での、高校野球のお話し。
    山奥の野球部が甲子園に出場することに、なったりします。

    また同時収録の「銀のロマンチック~」もお気に入りの一編。
    こちらは4回転ジャンプにチャレンジする、ペアフィギュアのお話し。

    どちらも多分にファンタジーなのですが、
    「何かを楽しむとは?」なんて、共通の命題も見えてきます。

    どこか達観したような雰囲気は相変わらずな感じで。

  • 友人が川原泉さんファンで貸してもらいました。
    独特の世界観と文字の多さに最初は戸惑いましたが、気付いたらグイグイ引き込まれていました。展開は非常に漫画的で実際にはありえないんだけど、リアリティーがあるとかないとか、そういうことじゃないんだと。

    そうだった、子供のころ読んでいた漫画ってこういう感じだった、となんだか懐かしくなるようなお話たちでした。

  • 「楽しみながら、がんばる」って、言うのはたやすいけれど、実践するのは難しい…そんな悩みを抱えているあなたは、『甲子園の空に笑え!』と『銀のロマンティック…わはは』を読んで、ほのぼの、ほっこりしてみませんか?
    後者は特に、「力を抜いた優しさ」の大切さを、文字通りロマンティックに教えてくれますよ。

    大分県立芸術文化短期大学 :
    美術科(美学・美術史) 教員 荻野哉

  • 何だろう。…本当に何だろう、この本、この人。ウフフと笑えて、しんみりして、思わず涙がポロリ。
    様々な書籍を読んできたけれど、川原教授の作品たちに匹敵するほど素敵なものは、なかなか見つからない。
    凄い。素晴らしい。ウツクシイ。
    今回の解説は、『後宮小説』の酒見賢一氏が担当する。

  • ・甲子園の空に笑え!
    ・ゲートボール殺人事件
    ・銀のロマンティック…わはは

    解説:酒見賢一
    書き下ろし無し

  • とにかく野球部員たちがけなげに頑張る
    頑張っていても悲壮感はない。でも心に残る
    明日からまた頑張ろうと思える作品(笑)

  • 高柳さんと「ばるたん星人のあくしゅ」がしたいよー。
    あと影浦さんと由良ちゃん…!!おお、泣いてしまったよ!!

  • コマも字も多いけど、全部読みふけってしまう。哲学や数学の話題が多くて、たまにたぬきにばかされたような気持ちになる。いい意味で。最後は妙に泣けるのが川原作品。

  • 文庫版を買って再読しました。
    「甲子園の空に笑え!」→なんてファンタジー。ほんとうに夢みたいだね。
    「ゲートボール殺人事件」→組長がせつなすぎる…
    「銀のロマンティック…わはは」→涙なしには読めません。
    いっつも思うんやけど、川原泉って、デフォルメ顔をめっちゃ多用してて、その顔でシリアス場面も描いて泣かすからほんとすごいよね。

  • 甲子園の空に笑え、ゲートボール殺人事件、銀のロマンティッック・・・わはは

全82件中 1 - 10件を表示

川原泉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

甲子園の空に笑え! (白泉社文庫)に関連するまとめ

甲子園の空に笑え! (白泉社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

甲子園の空に笑え! (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする