笑う大天使(ミカエル) (第1巻) (白泉社文庫)

  • 1426人登録
  • 4.00評価
    • (341)
    • (138)
    • (331)
    • (2)
    • (1)
  • 205レビュー
著者 : 川原泉
  • 白泉社 (1996年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592883142

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

笑う大天使(ミカエル) (第1巻) (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「清く正しく美しく」の名門お嬢様学校で、
    自分の内側に大いなる猫を飼っている3人のお嬢様。

    お嬢様とは縁遠い性格の3人の女の子と、
    謎のお嬢様連続誘拐事件。

    いつか読もうと思いつつ…やっと!
    名作と言われる作品だけあって、時代は流れても
    不変の面白さで2巻が楽しみっ。

    故事・格言・ことわざ・異国文化・聖書・数理・神話、
    多岐に渡った知識がマンガの中に散りばめられていて
    内容が奥深いところも面白くて興味が尽きない。

    壮美な洋館の校舎に、陽だまりの中庭、
    ティータイムのお菓子の数々に紅茶、お茶会!
    3人はうんざりしているけれど[*゚ω゚*]
    正統アフタヌーンティーに文学、音楽。いいな~♡
    面白みと知識と憧れが一体になっていて楽しい。
    そして、ダミアンがんばれ!!

  • 聖ミカエル学園でやってみたいこと10項目。
    1. ベレー帽をおしゃれに被って登校する。
    2. 自分のことを「あたくし」と誇り高く言う。
    3. シスターに嘘を吐いてみる。
    4. 同級生に呼び名として花の名前を付けてもらう。 
    5. 朝には聖書を粛々と朗読する。
    6. 学園裏手にある小高い丘の上で、アジのひらきではなく焼き芋を焼く。
    7. 昼には友人と談笑しながらもぎゅもぎゅと弁当を食す。
    8. 上級生を「お姉様」と可愛らしく呼ぶ。
    9. 放課後にはミルクをたっぷり使い、掃除婦のごとく床をぴかぴかに磨きあげる。
    10. 凶暴なダミアンを手懐ける。
    私が通うには猫を何匹飼ったらいいのでしょう。
    《2013.12.01》

  • 初めて読んだときは、北斗の拳もベルばらも、ポーの一族も読んだことなかったけど、今はどれも知っとるけん読み返したら楽しかった-。
    聖書のお話に全く興味ないわたしですが、サムソンとかはこの作品で覚えたよ。
    やっぱり川原泉はほのぼのしてていいなあ。お嬢様方の会話をみてるとほっこりする。もちろん、(わたしはくいしんぼうなので)毛色の違った三人のお嬢様方がもぎゅもぎゅとお食事をしてる場面をみててもほっこり(そしてぐうぐう)してくる。

  • おにぎりにして転がしたいほどの可愛さだ、は名言。

  • この人のこの、恋愛なんか何処かへ行ってしまった様な、動物のお医者さんの作家さんのような水気も色気もまるでない中でのちょっとした笑いや温かみが溢れる作風が好きです。
    こういっちゃなんだけど、相手役の男性陣のヒロイン(?)らを見る目は、完全に家族、もしくは保護者の目線だよね。
    だがそこがいい

  • くいちぎれ!サファリランドのライオンのよーに

  • ひょんな事から怪力を得たお嬢様学校の猫かぶり三人娘が、誘拐事件にのらりくらりと立ち向かう活劇少女漫画。

    川原作品の特徴である
    脳天気、朴訥、博識、哲学的、善人、五七五、ブラコン、もぎゅもぎゅ
    がオールインワン

  • 作者の頭の良さが垣間見えるくらい崩すところは崩してある。知識的であり衝動的。

  • 川原泉さんの漫画がだいすきで、だいたい持ってる!

    これは映画化もされたので、ご存知の方も多いはず。
    特に3巻が!3巻で主人公たち一人ひとりがクローズアップされるんだけど、すごくいい!
    川原先生は神だと思う。

  • 笑う大天使の説明はしません。川原さんの本は説明されるよりもまず、読んでみてください。


    川原さんの作品の特徴(by wikipedia)
    ・七・五調にこだわる。
    ・哲学的とも取れる言い回しやセリフ、独特なキャラクターや作風が親しまれ、
    ファンから「カーラ教授」「カーラ様」と呼ばれている。
    ・各作品における主要人物の大多数が片親・または両親が他界しているという特徴がある。
    ・川原さんは幼稚園時代に父親を病気で亡くして以来学校に通いながら家事をし、
    勤労婦人の母親を支えて来たという生い立ちがある。それがそのまま、
    主人公の設定に反映されている作品もある。
    ・ヒロインの相手は、年の離れた社会的地位のある男性という設定が多い。


    大好きな少女漫画家の一人。川原泉。
    全作品を通して、主人公の少女たちが健気なんですよ。
    背景に不幸っぽいものを背負っているんですが、明るくていい子たちなんですよ。
    お話も面白くて、ちょっと、哲学的で。
    自分、学校でソクラテスの言葉を習った時真っ先に川原さんの本を思い出しましたよ。
    絵も単純なように見えるけど魅力的です。

    川原さんの本でほかにお勧めなのは、「中国の壺」「甲子園の空に笑え」「メイプル戦記」「バビロンまで何マイル?」「フロイト1/2」などです。てかもう、全部オススメです!!

  • セリフや説明が多くて、読むのが大変だった。いわゆる恋愛系少女漫画とかでは全くなく、とても独特な雰囲気で好き嫌いが分かれる気がする。
    作者がとても色々な分野に造詣が深い人なんだろうなということは、読んでいて伝わる。

  • 明治36年創立の名門女子高、聖ミカエル学園。清らかでなごやかで品が宜しく道を外さないお嬢様が通うことから、学園の女生徒は「大天使(アーク・エンジェル)の乙女達」と呼ばれている。しかしどんな事にも例外があり、学園内にはお嬢様になりそこなった3人の娘がいて──。学園では猫をかぶっているが中身は庶民の少女3人を主人公とした学園コメディ。
    小説家、佐々木丸美さん好きのオフ会で『フロイト1/2』を紹介するしてもらってから川原泉さんを追っかけ中。64ページの生き別れの兄の司城一臣から妹である史緒がお小遣いを貰う場面や主人公のひとりが斉木姓であることなど、『フロイト1/2』ほどではないが佐々木丸美さんの作品との類似点があり嬉しい限り。そういえば川原泉さんの哲学から歴史、宗教、古典など幅広い知識が登場人物の日常会話からポンポン出てくるところも佐々木丸美さんと同じだわ。川原泉さんって日常エッセイとかないのかな?もしあるならマルミストの確認とれる可能性あるから読んでみたい。オフ会で教えてもらったこと、また読友さんに本作を含め3冊お借りしたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます!

  • 「猫」を飼ってる女学生たちの不思議な力の話。

  • 今のままの私でいいんだ、と思えるです。

  • 台詞回しが独特です

  • なんだこれ…不思議に淡々と面白いぜ…。ぶはっと笑ってしまう…。やっぱりお嬢学校モノには弱い。好きです。昔の少女漫画の文字数の多さとか、状況説明的にメタ視点が入るのって慣れてないのだけど。でも作者さんの豊富な知識から成る言葉で、読んでて「ああ〜私少女漫画読んでる…」とうっとりできます。名作は時代を経ても色褪せないからスゴいんだな!
    3人自体もユーモアたっぷりで可愛くて、それぞれ相手との関係性もよかったなあ。何故かきゅん。「空色の革命」が好きだったなあ。

  • 初めてカーラ教授に触れたのが、小学生の頃ピアノ教室の帰りに古本屋で手にしたこれだった。
    今読むと源氏物語の宿題で光る君にプンスカしてる三人娘が可愛い。

    映画版は劇場まで行ったのを後悔するレベルだったけど、史緒さんのにーちゃんが伊勢谷勇介なのは良かった。あと関めぐみという女優を知れたのも良かった。

  • 引っ越しの最中に久しぶりに読んだのですが・・・・相変わらずおもしろいなこれ。年代関係なく読めるマンガ。それにしてもお嬢様学校の敷地内で七輪で干物を焼くとか。読んでると必ず干物を食べたくなります。

  • ファンタジーと哲学と様々な愛が詰まった名作
    柚子さんとロレンス先生がかわいくて好き。
    一押しシーンは中庭でアジの開き(笑)
    映画化もされたが、そちらははっきり言って駄作
    映画化をするなら「甲子園の空に笑え」にするべきだった。

  • 何度目の再読かわからんほど読んでますが。聖ミカエル学園の3乙女、史緒・和音・柚子の猫かぶりスクールライフ。史緒の客観的かつ的確なイタリア人判定(断定)シーンがお気に入りです。

  • 貧乏くささを競いあうお嬢様たちのおっさんくささといったら!!箱入りメロンかと思ったら中身はアジの開きだったよ…という感じ。

  • しゅうこさんにご紹介いただきましたー。女子校もの大好き!!とぼけたお嬢さん大好きです!

  • とにかく笑える。
    猫かぶるとものすごく美しい三人組なのにほとんどギャグ絵なのが悲しいな〜。

    あと北斗の拳のタッチのコマがかすかにお気に入り

  • こんなテンションで高校生活を送ってみたかった(笑)
    川原さんのセンスがぎゅっとつまっていてだいすきです。

全205件中 1 - 25件を表示

笑う大天使(ミカエル) (第1巻) (白泉社文庫)に関連する談話室の質問

笑う大天使(ミカエル) (第1巻) (白泉社文庫)に関連するまとめ

笑う大天使(ミカエル) (第1巻) (白泉社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

笑う大天使(ミカエル) (第1巻) (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

笑う大天使(ミカエル) (第1巻) (白泉社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

笑う大天使(ミカエル) (第1巻) (白泉社文庫)のKindle版

ツイートする