笑う大天使(ミカエル) (第2巻) (白泉社文庫)

  • 786人登録
  • 4.09評価
    • (176)
    • (53)
    • (144)
    • (0)
    • (0)
  • 67レビュー
著者 : 川原泉
  • 白泉社 (1996年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592883159

笑う大天使(ミカエル) (第2巻) (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

  • カーラ教授最強の一冊と言っても過言ではない。
    映画化されたところなんて、さわりよ、さわり。
    「笑う大天使 空色の革命」
    「笑う大天使 オペラ座の怪人」
    「笑う大天使 夢だっていいじゃない」
    の3名作が君を待つ。
    3人がそれぞれにどこかせつなさを抱え、ほんのりと幸せであるということ。
    うっかり電車の中なんかで読むと泣けて大変だから、おいしいコーヒーとか紅茶とかウィスキーとか
    そういう幸せの素と一緒に読むべきである。

  • 川原泉の代表作品。数ある作品の中でもファンが一番多い作品ではなかろうか。ほろりとしてしまった……。どうでもいいが柚子の兄が好きだ。

  • 泣くしかないでしょう、これは……。
    本編の最後に収められている、和音・柚子・史緒それぞれのお話。
    和音さんのはそうでもないんだけど、柚子さんと史緒さんのお話が、泣けて泣けて……。
    確か、川原さんのエッセイに収められているインタビューで、川原さんは本当なのか嘘なのか、笑う大天使は実は最後の3つの短編を書くために作られた、「前フリ」だったというようなことを言っておられました。
    「いきなりあれを書いても訳がわからないから、本編を書いた」と。
    長い前フリだけど、確かにあのドタバタがあるからあとの短編がジンとくるんだよなぁ。
    最後の最後、この3人がその後どうなったかを文で書いてあるんだけど、それがまたなんだか泣けるというか心温まる感じで、好き。

  • 今読んでも面白い…。
    彼女のことを少女漫画家って読んでいいのかな?「その電話に出るんじゃない!」

  • 2.3巻一緒に借りたのですが、2巻に感想まとめて書いちゃいます。川原さんのお話って、打算的じゃないというか、決して綿密に考えられているような印象は受けないのだけど、最終的にはあぁ!やられた、と思うところがある。2巻と3巻なら2巻のノリのほうが好き。3巻は番外編という感じなのかな・・・?ぬいぐるみの話好き。普通ならありえない話を普通に描いちゃうのも川原さんの魅力。川原さんの話は恋愛の話が交じらないくらいがちょうどよいので、関係としては史緒とお兄ちゃんの話がちょうど良いです。
    ちなみに、2巻の「森には心理が落ちている」という読みきりも好きでした。

  • 特別編が良すぎ。泣く。

  • 図書館で借りて読み。

    三人それぞれの恋愛模様のような、兄妹愛のようなものが展開する最終巻。さわやかで面白かった。

    最後の三人の卒業後の経歴を読んで、みんな「らしい」なあ。とほほえましい気持ちになった。

  • 1巻を読んでいて、なかなか読みづらい作品だなぁと思っていたけど、この巻で超展開。面白い終わり方だった。
    短編がどれも良くて、最後柚子と和音の結婚相手に納得だし、史緒がお兄さんと仲良く暮らしているようで安心しました。

  • 本編及び後日談「空色の革命」「オペラ座の怪人」「夢だっていいじゃない」収録。前巻の誘拐騒動をあっさり解決したと思ったら、まさか後日談で泣かされるとは。特に「オペラ座〜」が本当に切ない。しかも恋愛要素があったことに驚き、本シリーズは皆無だろうなと思っていたから。いちばん好みはもちろん俊介×和音!妹のように接していた子が嫁に行くと決まり恋愛感情を自覚する展開最高です(笑)また、近親相姦は好きではないので、一臣×史緒はそのままなのも良かった。2冊と短く完結していることといい、最初から最後までわたし好みの作品。

  • ・ユズコレディロレンスの名前にびびった
    ・うん俊介とくっついてうれしい…案の定俊介がお気に入り…
    ・事務次官の夢が達成されてよかった…かーちゃんには楽させられなかったけど…

    本は小さくて軽いほど好きだけどこの文字サイズの小ささ私の目にはギリギリアウトなんだな…

  • ケンシロウ様と崇められ、ハイネとリルケの詩を口ずさみ(うそ)、アジのひらきを焼いてしまう史雄さんが好きです。
    オスカル様と慕われ、熱を出した母君を心配し(うそ)、夜ごとにちびりちびりと晩酌する和音さんが好きです。
    コロボックルちゃんと慈しまれ、もうお腹いっぱいで食べられないと言い(うそ)、豪邸のリビングでちゃんちゃんこを着てくつろぐ柚子さんが好きです。
    確かに彼女たち3人は「お嬢様」ではないかもしれないけれど、これは強くて(筋力的な意味で)心優しき“Arch angel”の名に相応しい乙女達の物語なのです。
    《2013.12.01》

  • 本編(というのか分からないけど、ともかく最初の一番長い話)が思いのほか超展開だった!
    そんな突然に超人って!あなた。笑

    番外編(というのか分からないけど、ともかくその後の短めの3つの話)が好きだな。
    なんかこう...落ち着いているというか…しっとりしているね。
    ルドルフー。泣

  • おハルさんのお話がとても好きです。

  • タイトルに反して冒険活劇でした。最後、トントン拍子に解決しすぎ。

  • 「『よし!そんじゃお礼に 兄ちゃんが孤独な老人になったらば 私が面倒見てあげよう』
    ──まるで 夢みたいな話だが
    それならそれで いいじゃないか
    夢だって いいではないか……」

    「空の食欲魔人」の解説に「夢でもいいじゃない」という言葉があったのをレビューに書いたが、もしかしなくてもここから取った言葉だったのか。

    イギリス土産にチャールズ人形とダイアナ人形買ってきたなんて和音にしては気が利いてるねえ…両親にじゃなくて俊介になのが優しさなのかなんなのか。

    史緒さんも柚子さんも和音さんも一臣殿下もロレンス先生も若月俊介氏も斉木家のチャールズ・ダイアナ夫妻も大好きだーー。いいじゃない長編!
    何度声上げて笑ったかわからんが「男にも生理があればいいのに」のくだりが一番爆笑したかもしれない。
    「ジンチョウゲ姫」とか「とうさま星とかあさま星」とか萩尾作品ネタにはもちろんニヤニヤしたが、わかってないネタがいったいいくつ仕込まれているやら。

    もはや完全にファンとなってしまいました。降参。
    いい加減にうちのPCは革払い済みという一発変換をやめないか。

  • いよいよ誘拐犯たちの本拠地に乗り込む3人組。
    3人の車から道標のように食い散し落とされた
    麦チョコを拾食いすることで結果、若干3人を
    助けることになったダミアン[笑]

    ついた先にはユダを含む12使徒たち。
    今こそ超人パワーを役立てる時!!
    奇跡は起こる! わしらが奇跡だ!
    文句があるならベルサイユへいらっしゃい!

    ドタバタしつつの事件の後の、短編のお話たちが
    兄弟の深まる想いや、恋、友情、どれも素敵なお話で
    個人的には本編よりもすごく好きなお話ばかり。

    卒業アルバムでの3人のその後の報告が
    サラっとしていて想像の余地があるところもすごく好き。
    幸せそうでよかった♡

  • 誰も傷つかず、誰もが幸せ大団円
    ただ何も気負わずにほんわかできる

  • おハルさんの話は何度読んでも泣ける。一番お気に入りは和音さんちの空色の革命。和音さんが可愛く見えて来るから不思議だ。

  • 久しぶりに読んだ。おハルさん…やっぱ泣ける。

  • しゅうこさんがおっしゃる通り、番外編三編がとてもとてもよかったです…!泣きそうになったのは「オペラ座の怪人」のおハルさんですが、好きなのは「夢だっていいじゃない」の史緒と一臣兄さんです。

    「赤毛のアン」のマシューとマリラみたいに兄妹で暮らしているんだろうなあ。何とも名付けがたい関係性って堪りません。ただ、一臣兄さんのお見合い相手の敦子さんの気持ちも分かります。よっぽど一臣兄さんを愛してないと、あの条件は飲めないよ。敦子さん、相手が悪かったよ…。

    一臣兄さんに幼なじみの女の人はいなかったのかな?それぐらいの関係性のある女性じゃないと、あの兄貴と結婚するのは無理だ…。

  • だ、だめだ泣く…。泣いてしまう…。
    読み返しはじめたが最後、ゼミの準備がこんなにも遅れてしまった。おおごとだよ。
    本編ラストもいいけど、やはり番外編三作品は圧巻。(そしてまんじゅうを食べたくなる)

  • 三人のその後が素敵。

  • 自分がカトリック系の女子高に行ってたため(第一志望じゃなかった)、とても感情移入して読んでました。

  • どんでん返しがバカバカしくてよい

  • 本棚の奥からひっぱりだしてきて再読。

    特に、後日談3編が好きです。
    クスっと笑って、涙して。
    そして、最後の頁が私にはたまりませんw
    別々の道を歩いていったけれど、大切なところは三人とも変わらずにいたのだろうなぁと想像してしまいます。

    一度「花とゆめコミック」版のを手放したけれど、やはり手元に置いておきたくて文庫版を買いました。
    これはもう手放せないと思います。

全67件中 1 - 25件を表示

笑う大天使(ミカエル) (第2巻) (白泉社文庫)に関連する談話室の質問

笑う大天使(ミカエル) (第2巻) (白泉社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

笑う大天使(ミカエル) (第2巻) (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

笑う大天使(ミカエル) (第2巻) (白泉社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

笑う大天使(ミカエル) (第2巻) (白泉社文庫)はこんなマンガです

笑う大天使(ミカエル) (第2巻) (白泉社文庫)のKindle版

ツイートする