中国の壷 (白泉社文庫)

  • 795人登録
  • 3.83評価
    • (127)
    • (74)
    • (186)
    • (4)
    • (0)
  • 55レビュー
著者 : 川原泉
  • 白泉社 (1997年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592883173

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

中国の壷 (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 題名が示す通りの、唐の時代の「壺」が題材の話が入っている、中編集。
    初めて読んだのは妹に借りて読んだ大学生くらいのころ。

    どこかのほほんとした風での、マイペースな主人公は相変わらずで、
    でも、マイペースだからこそ譲れないモノも持っているのかと、感じたりも。

    周囲にあわせることも大事だけど、ソレばかりだとどこかで崩れてしまう。

    未だにに結構影響が残っているのかなぁ、、ともたまに思います。
    それもあってか、息子のマイペースさも、個人的にはあまり気にならなかったりも。。

    他にも、時代劇ぽいのやジュブナイルっぽいのなど、
    色々なジャンルが収録されてますが、共通しているのはどれもほのぼのしている点でしょうか。

    そんな中とある教授の話は異彩を放っていましたが、、ちょっとゾッとしました。
    ちなみに、個人的には「かぼちゃ計画」がお気に入りです。

  • 面白かった。絵も好き。

  • これはもはや文学。あるいは、川原泉というひとつのジャンル。読み応えのある1冊。
    江戸の勉強になった。
    暮林教授のラストのモノローグはなんだか共感できる。哲学的なような中二病ようなところがww

  • 殿様も良かったけど、かぼちゃ計画が一番好きかな。

  • 川原先生の漫画こそ「この世界が好き」としか表現できない気がする。
    笑いと切なさのバランスが絶妙というか…。でもその切なさは上手く言葉にできない。

  • 殿様は猫舌。

  •  割とページが足りないと思わせる中編が多いかなぁ。
     「暮林助教授の逆説」は、いつもと違う視点の物語。初めて読んだときは驚いたものです。

     いつものノリではなくて、これから先、こういった違う視点の話も読めたらなぁと思います。

  • コミックスで読んだ作品ばかりなんやけどなぜか文庫を買い直している。
    この頃は本当に絵がきれいやなあ…。中国人いけめんすぎ!表紙きれすぎ!笑 それにしても、壺を割る役割を何で作者本人が担ったんやろうか…。キャラ考えるのめんどかったのか?(おい)結構重要な役やんか。
    それはともかく…まつたけたべたい!笑

  • 暮林教授がとても素敵

  • 引越の荷物から出てきて久しぶりに再読
    秋吉田藩の話もツボの話もほろっとくるけれど、いつも最後の漫画の友達3人の話に涙する
    田舎から東京に出てきた人間の共感

全55件中 1 - 10件を表示

中国の壷 (白泉社文庫)に関連する談話室の質問

中国の壷 (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

中国の壷 (白泉社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

中国の壷 (白泉社文庫)の新書

中国の壷 (白泉社文庫)のKindle版

ツイートする