燕雀庵夜咄 (白泉社文庫)

  • 103人登録
  • 3.53評価
    • (6)
    • (11)
    • (26)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 波津彬子
  • 白泉社 (1999年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (363ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592883364

燕雀庵夜咄 (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『雨柳堂夢咄』で有名な、波津彬子の短編集。


    “恩師である百瀬の隠居所“燕雀庵”を3年ぶりに訪れた芳村は、病弱な娘・薫子の身を案じ、母親の幽霊が現れるという話を聞く。まるで巡り合わせに惹かれるように、芳村は不思議な世界へと足を踏み入れる事になり―。「燕雀庵夜咄」シリーズ4作品の他「牡丹灯籠」「花夜恋歌」など、人の狂おしいまでの切ない想いが紡ぎ出す妖しくも美しい5つの物語。明治・大正時代を軸に幻想と耽美の世界をしっとりと描く珠玉の作品集。”―裏表紙より。

     ◇面影の花闇
     ◇秋宵・夢語り
     ◇芙蓉花抄
     ◇夜咄
     ◇海の記憶
     ◇ほととぎす
     ◇幽霊屋敷
     ◇牡丹灯籠
     ◇花夜恋歌


    作者曰く『雨柳堂夢咄』の原点的な作品なのだとか。確かに、設定とか似てるかも。

    初期の作品群なのか、絵柄がちょっと昔の少女漫画風。
    でも、和装と洋装が混在する、明治・大正浪漫あふれる時代設定は、割と好みです。

  • ソノラマコミック文庫版

全3件中 1 - 3件を表示

燕雀庵夜咄 (白泉社文庫)に関連する談話室の質問

燕雀庵夜咄 (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

燕雀庵夜咄 (白泉社文庫)の単行本

ツイートする