月の子 (第1巻) (白泉社文庫)

  • 552人登録
  • 3.91評価
    • (96)
    • (72)
    • (105)
    • (7)
    • (1)
  • 64レビュー
著者 : 清水玲子
  • 白泉社 (1998年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592883418

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

月の子 (第1巻) (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 清水玲子の作品で一番好き。

  • 久々に再読。やっぱり清水作品は色っぽい。本当に恋をしている人の色気を描かせたら右に出る者はいないですね。長野まゆみ作品がマンガ化されることがあったら、清水さんに描いてもらいたいものです。

  • すごくおもしろい

  • この作者にはまるきっかけになった本。
    主人公カップルよりも、セツとショナの脇役カップルが好きで仕方ありませんでした。
    美しい絵は今も昔も変わりありません。

  • 清水玲子の中でも一番か二番に好きな作品です。

    これはほんと切ない・・・泣ける!
    愛する気持ちって素敵だなぁ。
    暖かい気持ちになる。
    もっと自分の愛する人を大事にしなきゃって。

    絶対、一度は読んで欲しい作品です。

  • それぞれの愛のかたち。

    繊細でふんわりとした筆致と、鮮烈に描き出される狂気の対比にギクリとする。
    それこそ清水玲子さんの真骨頂だと思う。

    読後ぐったりするのが分かっているのに、
    手にとってしまうのは、それ以上に胸に響く何かがあるから。


    ティルト…!

  • ぼろぼろです。泣き疲れるよー!小学生の時、ベンジャミンの似顔絵をよく描いてました。美しいものに心を奪われる、という感覚。そういえば、「天使とデート」の時のエマニュエル・べアールが、ジミーそっくりです!この世のものとは思えない美しさ。

  • 超大作。切ない!
    けどあんまり覚えてないのでもっかい読み直したい…
    叔母から借りて読みました。

  • 1-13
    ニューヨーク、産卵のため月から帰ってきた三つ子の人魚ベンジャミン、ティルト、セツ。しかし女性として子ども(卵)を産めるのはベンジャミンだけ。彼(彼女:普段は小さな男の子だが、好きな人の前だと絶世の美女になる、性が変わる)が恋したのは、おちぶれたダンサーのアート。しかしベンジャミン=人魚が、アート=人間の男性に恋をすれば、大きな災いが起こるという。物語は様々な人々の思惑、感情を孕んで、やがてその大惨事と運命の愛の結末へと向かっていく。

  • 主人公ベンジャミンより
    セツ目線で読んでました。笑

    セツとショナが大好きでした。
    セツを守るティルトも悪役だけど好きだった!

    女性化するか、しないか…
    そんなユニセックスな設定がまたドキドキ*

    ショナが積極的にベンジャミンに
    求愛してて…何気に興奮でした(笑)

    小学生のときに読んだから結構刺激的。笑

  • 文庫版全8巻。
    ティルトはすごいなぁ・・。
    ティルト。

  • あいかわらず世界が素敵!でも、ベンジャミンがちょっと苦手だなぁ…。

  • 絵が美しいし、キャラがそれぞれ魅力的

  • 輝夜姫よりも好きです。
    こちらは人魚姫がベースのお話しです。
    設定としては、王子との恋に破れて海の泡になった人魚姫の子どもたちのお話。
    清水さん特有のあの胸の痛いリアルさがありますが、でも大好き。
    オススメです。

  • ずいぶん前に借りたので、内容うろ覚え…

    ベンジャミンよりセツが好きだったような気がします。

    機会があれば(本棚のスペースと相談して)購入しようかと思ってます。

  • SFちっくな人魚姫のお話?うーん説明難しい(笑)歯がゆいし切ないし怖いしもう読んでてハラハラでした。傑作には違いない。読み終わった後は余韻にひたってしまいます。ショナが好きでした…。

  • 清水玲子作品のなかでコレが一番好き。
    最終巻はボロボロ泣けます。
    ショナとセツが好き。

  • 切なくて美しい宝石のような作品。
    彼の優しい夢が永遠でありますように。

  • 残酷なほど美しい物語の代表格

  • 絵の美しさに惚れ惚れする。
    簡単にベンジャミンに落ちてしまう気持ちも分かる。
    正統派イケメンのショナがそんなにカッコイイと思えなかったり、冴えないオーラ漂っているアートがとてもカッコよく見えたりそういう所が面白いと思った。
    これほんとにハッピーエンドになるの?!と最後の最後まで凄くドキドキした。

    清水玲子さんの、SFなのに耽美なおとぎ話を読んでいるみたいな奇妙なアンバランスさが本当にたまらないにです。

  • マンガだからこそ描ける、ビジュアルで訴えかけてくるものが見事。
    少女マンガでしょ、と思ってナメてると痛い目にあう。

  • 読みたくて読みたくて我慢できなくて
    amazonで大人買いしてしまったもの。
    絵は綺麗だし、
    ストーリー展開にも一言では言い表せない感動がある。
    ラストシーンに、読後は暫く呆然としてしまったり。

  • 人魚姫と人間の王子のあいだに生まれたジミー、セツ、ティルトの三姉妹と人間たちとの関わりが地球の運命を左右していく物語。美の極致といった感じのベンジャミンと正反対の容姿をもつリタが、最後に重要な役回りをするのが皮肉というか、圧巻でした。しかし、ラストのセツは綺麗だったなあ。ベンジャミンより好きだって人も多そう。ティルトがジミーを許せないのは、わたしにはよく理解できた。

  • 一気読み。
    序盤でチェルノブイリが出てきた時は今後の展開予想にドキドキしたが、
    まさかそれをあんな最後まで引っ張る話になるとは…。

    清水さんの話って起承転結の『承転』あたりがずば抜けて面白い気がする。
    人魚姫の話をうまくモチーフにしてるなぁと思ったのですが、
    アートがベンジャミンの王子さまだった理由がわからず。
    あと魔女はなんだったんだ?

    後半はほとんどメインキャラ以外の人魚が出てこなかったのも残念。

全64件中 1 - 25件を表示

月の子 (第1巻) (白泉社文庫)に関連するまとめ

月の子 (第1巻) (白泉社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

月の子 (第1巻) (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月の子 (第1巻) (白泉社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

月の子 (第1巻) (白泉社文庫)のKindle版

ツイートする