フィーメンニンは謳う (第1巻) (白泉社文庫)

  • 228人登録
  • 4.00評価
    • (56)
    • (23)
    • (56)
    • (0)
    • (0)
  • 36レビュー
著者 : 山口美由紀
  • 白泉社 (2002年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (427ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592883821

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
樹 なつみ
有効な右矢印 無効な右矢印

フィーメンニンは謳う (第1巻) (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 好きです。この方の絵柄&お話♪
    コミックで所有

  • コミックスも持ってるけど文庫版も購入。
    絵も話も最高です。

  • ビビッドキッズカンパニーって文庫化されてたっけ?

  • ムカシ世界が一つだったてのがベース。あーだから私はどっかに帰りたいのかもって思った。

  • 現実主義の女子高生が、妖精族の女王(ちびっこ)と出会い、おとぎ話の世界を旅するファンタジー。
    発刊されたのは大分前ですが、何度も読み返したくなります。
    絵もとても綺麗です。

  • 図書館の本

    綺麗なきれいな花畑。
    そこは"あっちの世界"と繋がっている場所。
    そこでであった小さな女の子が実は要請の女王様。
    彼女を妖精の国に帰すということが大仕事になっていって、そして初恋の人が気になるリーナ。
    冒険ファンタジーでした。

  • タージーマッジーに出てくる妖精も出てくるらしくて読んでみようと。。。

  • コミックス版を全巻持ってる。

  • もう何度も読み返している大好きな作品です。これをきっかけに山口美由紀さんの漫画を一気に買い集めました!
    舞台はドイツに似た外国。勤勉な学生リーナが妖精のいる不思議な世界に迷い込んで、忙しい日々で忘れていた大切なことを思い出していくというようなお話です。びっくりな展開に、最後まで読んだら絶対秘密を知った上でもう一度読み直したくなってしまいます。砂糖菓子のような、心があたたかくなるとてもいい漫画です。全2巻。

  • 山口氏の作品で一番好きですv
    勤労苦学生リーナちゃんが巻き込まれる異世界ファンタジー。

    キャラがみんな可愛いです。

    特にフェロールが好きvv
    妹たちはシルヴィが好きなんだそうです。

  • これもおともだちにオススメされた品〜☆
    5…に近い☆4;;;悩んだんだけどなあ。くう〜〜〜!!!
    平凡な外国の勝気でまじめ高校生リーナちゃんが妖精界にとばされて命をねらわれる(?)お話です。
    いろんなからくりが待ち受けていて、最後はきっと涙すると思います☆
    「リーナ、なみなみ」のナゾが解けた時うちは思わず涙してしまいましたよ〜!!!
    みんなが愛しくてたまらないです〜(´∀`)vvv

  • 現実的な考えを持った、ガリ勉タイプの女の子。
    彼女には自身も知らないある秘密があった。
    そしてある日、魔法や妖精があたりまえのように存在する世界に飛ばされ、その世界を支える中心となる「女王」を育てる役目が与えられて――


    おとぎ話のようなストーリー展開だけど、ひとりひとりのキャラクターの背景や過去がとても深く、ページをめくる手を止められなくなります。
    コミックス版でも全5巻という短めのものですが、そのぶんテンポ良く濃縮されています。
    独特のタッチで描かれたキャラクターも素敵。ユリウスという男性キャラが出てきますが、眼鏡男子好きにはかなりグッとくるキャラなので、お好きな方は是非一度!

    長い間コミックス版が廃刊になっていたため、待望の文庫化でした。
    柔らかなタッチのカラー表紙にも注目してみてくださいね。

  • 絵がうまくて何よりカラーイラストが美しい山口さん。
    たしかこの時代ですしこのあたりのイラストは手塗りですよ。。すばらしいです。

    もう少しさかのぼると鮮やかな色合いなのですが個人的には
    このあたりのふわっとしたカラーイラストが好きです。

    話はものすごい面白いというわけではないんですがなんか好きなんですねー。
    ちょっと昔の少女漫画家さんらしく、短い巻数できちっとした完成度。

  •  ふんわりファンタジー♪
     瑠々が一番好きな漫画家さん山口美由紀さんの作品です。
     妖精が出てくるのですけれども繊細な絵柄と可愛いけれどもどこか怖いようなお話が好きv
     ドイツ地方のようですが、あの世界観が好きです。

  • 久しぶりにファンタジー漫画読みました。最初は先がなかなか読めないし、夢の中の少年や、リーナの記憶やら、ややこしいー!!と思った。けど、読み進めていくにつれてどんどん先が知りたくなっていくし、人の忘れた心や悲しみについて触れている話なんだーってわかると、どんどん入っていっちゃいました、この本の世界に!^皿^

  •  大好きな漫画のうちの一つ。
     古いので、もう入手は困難だろうなぁと諦めていただけに文庫化してくださって嬉しかったです!

     私は「タッジー・マッジー」から読み始めたので、若いシルヴィがいる、と想わず笑ってしまいました。やっぱり「タッジー・マッジー」ではちょっと成長してるんだね、シルヴィ。でもその反面、子供っぽくなってるところもあるけれど(笑)

  • 自分はやっぱりユリウスみたいな男の子が好きなんだと改めて確信した・・(笑)

  • 大分影響を受けました 柔らかいファンタジー

  • この頃の山口先生の漫画が好き。
    …ときどき日本語が崩壊してるようなセリフがあるのはなぜ…(笑)

  • 「笑ってリーナ 笑って」この人の描く話は、ほろっとほわっとする。好きだなあ。

  • ファンタジーといえば、これかと思います。
    ほんわかしていて、最後幸せになるような話は本当に”物語”です。
    ミルッヒが可愛いんだ…!

  • 全2巻。文庫版です。山口さんに嵌ったキッカケ。メルヘンなストーリーが堪らない!

全36件中 1 - 25件を表示

フィーメンニンは謳う (第1巻) (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フィーメンニンは謳う (第1巻) (白泉社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

フィーメンニンは謳う (第1巻) (白泉社文庫)の新書

ツイートする