ライム博士の12か月 (白泉社文庫)

  • 48人登録
  • 3.53評価
    • (3)
    • (5)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 坂田靖子
  • 白泉社 (2003年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592883920

ライム博士の12か月 (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

  • あまり役に立たない物ばかり発明するライム博士。
    そこに突然UFOがやって来て、役に立たないロボットを捨てていった。
    指サックみたいな形に目だけ。そして口のきけないロボット。
    マイペースで性格のひねくれているそのロボットに博士は「メフィスト」(悪魔)と名前をつける。
    ライム博士とメフィスト、お向かいのベティさん、悪魔ばらい狂の牧師の奇妙な十二ヶ月のお話。

    ジロ目で可愛げのない顔つき。
    やる事も可愛くないメフィストが何故か可愛くて笑ってしまう。
    そんなメフィストに振り回されながら博士とベティさんが仲良くなっていくのが何ともほのぼのしていていいです。
    坂田靖子さんの絵って、シンプルで味わいがあります。

  • 邪魔モノ=ゴミとしてUFOから廃棄されたロボットを拾った、発明家のライム博士。
    メフィストと名付けられたロボットと、
    お人好しな博士の生活がユーモアたっぷりに描かれた短編連作マンガ。
    鉄面皮のメフィストが、実は地球での暮らしに順応しようと、
    そっと努力(?)している様子が何ともカワイイ。
    悪魔祓いに血道を上げる牧師さんもおかしい(笑)
    ところで、ちょっと厚めの文庫だと思ったら、半分は別の作品、
    お坊ちゃまと小悪人の話「ヒューイ・デューイ物語」だった。

  • 坂田作品では一番気軽に読める、かな。

  • 発明家ライム博士とUFOから捨てられた粗大ゴミ、
    いやわがまま気ままなロボット・メフィストの奇妙な同居生活を描いた連作短編。
    シュールというかナンセンスというか、そんな印象を受けた1冊でした。
    わがままだけど憎みきれない、でも傍にいたらイライラが募りそうなメフィストが
    イイ味出してます(笑)。


    【収録作品】
    ・ライム博士の12ヶ月
    ・ヒューイ・デューイ物語

  • 坂田靖子さんの漫画。
    ライム博士の12か月とヒューイ・デューイ物語の二つが収録されています。
    ライム博士の12か月のほうがお勧めかなぁ…。ぼくはこっちのほうが好きです。

    ライム博士のつんでれっぷりが半端ない(

全6件中 1 - 6件を表示

ライム博士の12か月 (白泉社文庫)に関連する談話室の質問

ライム博士の12か月 (白泉社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ライム博士の12か月 (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ライム博士の12か月 (白泉社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ライム博士の12か月 (白泉社文庫)のKindle版

ツイートする