ジェラールとジャック (白泉社文庫)

  • 1086人登録
  • 3.94評価
    • (191)
    • (130)
    • (212)
    • (6)
    • (0)
  • 101レビュー
  • 白泉社 (2004年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (423ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592884309

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ジェラールとジャック (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実は、まだ文庫化されたものを所持していなかったりする。

    フランス革命前後?の物語。
    作家ジェラールが、借金返済のために娼館に売り飛ばされたジャック(貴族)を買ったところから物語は始まる。
    後に、二人は主人と下男の関係となり共に暮らすようになるが、ジャックの気持ちに変化が訪れ…といった内容。

    読み始めの段階では、この二人をどうやってまとめるの?と思ってしまうが、読み終わる頃には、テンポよく、そして無駄なくまとめられた作品の完成度に驚いてしまう。
    特に後半になるにつれて、コマは小さくなり、背景が描き込まれ、実写に近いイメージ(カメラワーク)でラストを迎える。
    読み終えた後、エンドロールが流れるかのような余韻に浸れる作品。

  • 「ベルサイユのばら」と併せて読むと、面白いかも。こっち側ではこんな人たちがいたのかも、と(笑)。

  • 革命期のフランスを舞台に、成金ポルノ小説家の平民と、彼に仕えることになった没落貴族の少年の話。

    なんともいえない絶妙の間を描き出す作家ですが、この作品もまたすごい。
    手の込んだミルフィーユをフォーク一本できれいに真っ二つに分けたような間があります。
    互いが同じ言葉で問いかける「これは恋だろうか」がとっても印象的。
    コマのひとつひとつに一切の無駄がなく、激動のフランス革命すら、ただの小道具にしてしまうほど二人の心の動きが過不足なく丁寧に描かれています。
    シャルロットが素敵!

  • ジェラールの一途な想いに涙しました。ベッドに潜り込むまでの葛藤が可愛い。罪の意識に苛まれながら1人でしちゃうのも可愛い。

  • 激動の時代の中でじっくり育む愛情。物語のその後も彼らの人生は続くということが確信できて嬉しい。

  • 初BF。きれいめ描写なので嫌悪感なく少女漫画を読むようにさらっと読めた。

  • 一度も読んだことのないよしながふみ先生の作品をまとめ買いし、1番最初に読んだ作品です。そして1番好きな作品。最後まで結末がよめず、いい意味での大どんでん返しにドキドキしました。物語も時代背景も登場人物もみんな素敵。この作品がきっかけで先生のファンになりました。

  • 「表現に機智(エスプリ)が効いている」

    フランス革命BL。時代モノに分類するか悩みましたが
    ハードな性的描写があるのでBLで。

  • 面白かった!フランス革命前後の貴族の雰囲気、事情。
    奇麗ではない愛、それでも…色々と濃厚な感じ。

  • 長い長い主従のお話。
    舞台はフランス革命の時代。面白かった!わくわくというか、世界に入り込む感じが素敵でした。

全101件中 1 - 10件を表示

ジェラールとジャック (白泉社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ジェラールとジャック (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする