あかく咲く声 第1巻 (白泉社文庫 み 4-1)

  • 540人登録
  • 4.20評価
    • (107)
    • (70)
    • (57)
    • (1)
    • (0)
  • 54レビュー
著者 : 緑川ゆき
  • 白泉社 (2008年5月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592885436

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
日丸屋 秀和
有効な右矢印 無効な右矢印

あかく咲く声 第1巻 (白泉社文庫 み 4-1)の感想・レビュー・書評

  • 夏目友人帳の作者である緑川ゆきさんの作品。
    笑顔動画で作品紹介動画があって、興味を持ったので買ってみた。
    なんでも緑川さんの一番最初の連載作品だとか。
    電車の中で読んでたら真剣になりすぎて、気が付いたら乗換駅についてた。

    特殊な声をもつ辛島くんや、その彼を好きになった国府ちゃん、彼らの周囲の人たち。みんな優しくて、強い人たちだと思う。
    夏目でも味わえる、キャラクターたちのほんわかしたりじんとしたりする優しさって、緑川さんの持ち味なんだなあと実感した。

    文庫版を買ってきたのは、最初でた漫画のほうはもう絶版になってしまったため。中古で出会えた買うかも。

  • 緑川作品ならこれが一番すき

  • この距離感いいね。ドキドキ胸キュン。
    でも単なる学園恋愛物でないところが、やっぱり花ゆめ系のよいトコロ。

  • 「夏目友人帳」の作者が描いたマンガ。ちょっと切ないけど、恋愛もの。

  • この人の描く女性主人公は強くて真っ直ぐに恋をしてて好きだ。ちょっとしたシーンがいい。映像化はムリだろうな。

  • 夏目の優しさは、きっとここからも来ているんだろうね。心が触れ合い情が咲いていく様が、なんともいえん柔らかくて優しい。

  • 冒頭での狐のお面を被った辛島くんに心掴まれ、そのままハマりました。

    特殊な能力を持つがゆえに人と距離を置いてしまう辛島くん。
    そしてあくまでも辛島くん自身に惹かれていく国府さん。
    近づけば近づくほど好きな人を取り巻く環境や、孤独は根深い。だけど戸惑いながらも辛島くんへ手を伸ばすことを諦めない、そんな国府さんの姿勢に心打たれます。

  • 独特の雰囲気があって好き。眠れないときとか、辛島の声を聞いて寝たいなぁと思う。笑

    読めば読むほど味がでてきて、色々考えさせられる。
    辛島のお父さんが、話だけで実際にでてこないとことか、想像力をかきたてられる。

    それにしてもこれがLaLaで連載されていたときは、人気なさそうだったのに文庫版まででてるなんて正直驚いた。夏目友人帳は読んだことないけど、ヒットに感謝!昔の名作に日が当たったね(^0^)/

    ■好きなキャラ
    国分、辛島、川口、坂本、坂本父

  • 夏目とはまた違う世界で、妖は出てこないけど、面白いです!辛島くんの声聞いてみたいですねぇ\(//∇//)
    主人の声を改めて聞いてみたけどまったく何とも思わなかったですw(。-`ω´-)

  • 緑川ゆき先生の作品は手元に置いておきたいネ(´-`)

  • 2011/11/04購入・2012/01/04読了

    人に強い催眠をかけられる不思議な声を持つ辛島と、彼に惹かれた国府佐和のお話。

    辛島が次々に事件を解決し、もしくは事件に巻き込まれていく様子は興奮します。

  • 全2巻であっという間に終わってしまうのが寂しいんですが、この話はこのくらいの長さが心地よい。

    誰もを魅了する声の男の子と、真っ直ぐに恋する女の子の話。

    全体的な空気感が好きで、何度も読み返してしまいます。透明感があって、ほんわかしていて、だけど時間だけは確かにそこに流れているような・・・。
    夏目友人帳が好きな方なら絶対に好きになる作品です。

  • 文庫版全2巻・全巻購入済

  • 緑川先生のこのほわほわした雰囲気が好きです。
    しかし、この作品はまだ充電中といった感じで時々話の流れが分からなくなる時があります。

  • 数年前に古本屋で立ち読みして文庫が出ていることを知り即購入。

    私個人としては1巻の方が好き。
    辛島君がたまらなく素敵でぜひ生でそのお声を聞いてみたいなと切に願うばかり。

    好きだなあ。

  • 友人帳からはまって緑川さんの作品を読破しました。
    この作品にも緑川さん特有の少し寂しい空気が流れており、また特殊能力という点もあるので友人帳が好きな人なら好きになれると思います。
    一応恋愛要素もあるけれど恋愛主体じゃなく、またカップルというより「信頼できる人を得た」という感じなのがいい。

  • ■書名

    書名:あかく咲く声 第1巻、あかく咲く声 第2巻
    著者:緑川 ゆき

    ■概要

    辛島は、相手に言うことを聞かせることが出来る不思議
    な声を持つ高校生。その声を使い、裏で警察の手伝いを
    している。
    その辛島に魅かれる国府。辛島を追いかけて色々な事件に
    巻き込まれるうちに、国府は辛島の過去と苦悩を知っていく。

    ■感想

    この著者の方は、昔からこういう切なくて優しい気持ちの揺れ動
    きをマンガで表現することが上手だったんですね。

    ある特技があるが故、周りの人間を自分から遠ざけるという主
    人公の立ち位置は、夏目友人帳と全く同じです。

    ただし、夏目と違うのは、物語の軸が人間物語ではなく、恋愛
    という点です。

    心に他人に理解しがたい闇を持つ人間に対して、少しずつ近づ
    いていく女の子を丁寧に上手に描いています。
    最後の終わり方もすっきりしていていいです。

    読んでいて、優しい素直な気持ちになれました。

    ■気になった点

    ・(拳銃を渡される場面で) 私は弱いから、きっと使ってしまう

  • この人の漫画ってすごく好きです。

  • 連載がはじまった頃から何気に好きでした。

    空気感が独特で心地いい作家さんだったので。

    単行本あったのにどっかいってしまったので、文庫で買い直しました。

    夏休み、誰もいない校舎の廊下で、窓から風がふいてきているところに佇んでいるような、空気感。わたしの中ではそんなイメージ。

    辛島くんのキャラ、すきだなあ

    文庫全2巻

  • 不思議な声の持ち主の男の子と恋に一途な女の子のお話。優しくて、きゅってしてしまいます。

  • 久しぶりに、こういう優しく穏やかな恋物語を読めて幸せでした。

  • 女の子が弱っちょろいくせに、強くあろうとする姿が好きだ

  • 夏目友人帳でブレイクした作家だけれど、こっちもかなりいい。登場人物は少なく、動く範囲も小さい。絵はあまり上手くなく、キャラの書き分けも苦手。でもそれを補って余りある豊かで丁寧な感情表現とその移ろいを描く。誰かに憧れて好きになる。そんな単純でありがちなことをとつとつと丁寧にシンプルな言葉と透明感で描く。波紋が広がる描写や草原・空の絵面が多い。キャクターの独白とそれらが相まって、本当にこちらの胸に感情がぶわーっと広がってくる。二人の主人公がゆっくりゆっくりと近づいていく、稀有な繊細さを持つ漫画です。

  • 緑川ゆきさんは「夏目友人帳」が好きなんですが、独特の絵柄にどこか哀しげで寂しさが漂う雰囲気の話が多いですが、これもまた不思議で物悲しくて、そして温かい物語でした。

  • 主人公の女の子がひたむきすぎて、いとおしくなります。(男の子も)

全54件中 1 - 25件を表示

あかく咲く声 第1巻 (白泉社文庫 み 4-1)に関連する談話室の質問

あかく咲く声 第1巻 (白泉社文庫 み 4-1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

あかく咲く声 第1巻 (白泉社文庫 み 4-1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あかく咲く声 第1巻 (白泉社文庫 み 4-1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あかく咲く声 第1巻 (白泉社文庫 み 4-1)を本棚に「積読」で登録しているひと

あかく咲く声 第1巻 (白泉社文庫 み 4-1)のKindle版

あかく咲く声 第1巻 (白泉社文庫 み 4-1)のコミック

ツイートする