いつか夢の中で (白泉社文庫)

  • 113人登録
  • 3.67評価
    • (15)
    • (11)
    • (33)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 遠藤淑子
  • 白泉社 (2004年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (411ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592886051

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 淑子
有効な右矢印 無効な右矢印

いつか夢の中で (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 姫と魔法使い。
    少女漫画では使い古された設定ですが、ただひとつ違っていたのは姫は通販マニアだったのです……ではなく、見た夢を現実にできる能力をもっていたのです。
    遠藤淑子の『姫』といえば、貧乏国のエッシェンシュタイン王国のエヴァンジェリン姫がいますが、シェナ姫は正真正銘のお姫様育ち。
    無謀でわがままで無邪気で世間知らず、でも憎めないのは、マーズに対する一途な恋心……なんだよな、あれ。
    遠藤淑子がロマンチックな少女漫画を描くとこうなる、という作品で地味ですがまとまって読みやすいです。

  • 通販が趣味で寝てばかりのぐうたら姫は正夢が見られるという特技のおかげでなんとなく国民からも支持を得ていた。密かに片思いの幼馴染魔法使い・マースからは避けられているが、手下のこうもりをさらったりして無理やり舞踏会に招待したり...姫とマースが繰り広げるドタバタコメディ。

    最後、姫が素直に告白するシーンが良かった。

  • 未来は君のものだ、とかって、自分が思っててもいいんだけど、やっぱり人に言われたいなと思う。

  • 私もシェンナ姫になりたい

  • これもオマケ漫画読みたさに購入(笑)
    読み終わって幸せな気分になれるので、遠藤さんの漫画は大好きです❤(^^*)

  • 私は前半部の連載よりも、後半の短編たちのが好きでした。

  • 自称「眠りの森の美女」という、グータラで寝てばかりいるシェンナ姫の趣味は、通販だった……。遠藤ワールドが炸裂している一冊(^^)

  • 甘辛く煮付けられたりしそうな魔法使いと、通販好きのぐうたらなお姫様の話です。

    台詞の軽妙な掛け合いが面白いですよ〜

全9件中 1 - 9件を表示

いつか夢の中で (白泉社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いつか夢の中で (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いつか夢の中で (白泉社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

いつか夢の中で (白泉社文庫)はこんな本です

いつか夢の中で (白泉社文庫)のKindle版

いつか夢の中で (白泉社文庫)のコミック

ツイートする