執事の分際 (白泉社文庫)

  • 1049人登録
  • 3.79評価
    • (144)
    • (116)
    • (225)
    • (11)
    • (0)
  • 85レビュー
  • 白泉社 (2005年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592886266

執事の分際 (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この話とか『ジェラールとジャック』を読むと
    確かに『西洋骨董洋菓子店』とか『大奥』はBLではない。
    『きのう何食べた?』もゲイカップルが出てくるだけでBLではないかも。

    番外編?の『シノワズリ』から数えると親子2代?3代?に相当する時間が流れる。
    その間にフランス革命が起こったりする割に
    貴族であるアントワーヌに身の危険が迫ることなく(経済的危機はあるが)
    平穏な生活を送れていたりとかするのは
    正直ちょっと時代考証が甘いような気がしないでもないのだが
    そこはアントワーヌのおバカっぷりでカバーできてるのかなと。
    気にならないとは言わないけど、気にするのが馬鹿馬鹿しいとは思った。

    吹き出しの中にはない手書きの台詞の可笑しさと
    ラブシーンの色気が無理なく共存してるのがよしながさんの力量なのかな。
    色っぽいんだけど生々しさがないのがいいと思う。個人的に。

  • いくら敏腕でも遊んで暮らせる金をあの激動の時代に用意するってのは…って苦笑いしたけどBLはファンタジー!!!!

  • 大好きなBL漫画です。
    何度も読み返しては感動する。よしながさんて本当にすごい。

    フランス宮廷が舞台でこの主従関係、しかも下克上。
    これを探していました!という私にとっては涙モノの本。
    あっさりした絵柄も好きです。

  • 私のなかではおフランスBLの金字塔。
    執事×おぼっちゃま。
    この本からよしながさんのマンガを読むようになりました。
    そしてよしながさんのマンガでいちばんすきなのもこの本。
    「ジェラールとジャック」もだいすきですが、下克上がだいすきなので、こっちの方がさらにだいすき。
    本編もいいけど「シノワズリ」がいいよね…。

  • 2011 11/5読了。友達に借りた。
    よしながふみは最近読み出したけど、BLシーンがあるのは初めて?
    金髪わがまま坊っちゃんと、黒髪クール執事の話。きゅんきゅんした。そういうシーンはどきどきした。

  • この人の作品はほんと愛というか、想いが全てというか。
    ユーモアも残酷さも時の流れも
    人間愛に溢れていて本当に素敵。

  • 良かった〜〜!!最初の二篇は切ない……!!!この方はフランス貴族のBLを描かせたら右に出るものはいないな…!!!表題作「執事の分際」も、執事×主人という言っちゃあなんだがありきたり設定なのにぐいぐい読まされた。この2人の情事がとても色っぽい。アントワーヌが貴族の娘に惚れられて(そしてアントワーヌの気を引くためにクロードにアプローチ)クロードが嫉妬する話、可愛かった。そしてそのオチが、その娘は49のオッサンに嫁ぐ前だった、というのがよしながふみらしい、なんとも言えないオチだった。

  • 掛け合いは軽妙なのに、思い合っているのはちゃんと分かる。下克上する側される側どちらも矜持があっていい。

  • 素敵だなぁという言葉に限ります。言葉では表せない独特な緊張感が堪りません。話が素晴らしいのに加え、絵柄やセリフ、コマの使い方と何から何まで素敵な作品でした。

  • 眼鏡執事たまんね

全85件中 1 - 10件を表示

よしながふみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

執事の分際 (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

執事の分際 (白泉社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする