フラワー・オブ・ライフ 第1巻 (白泉社文庫 よ 4-4)

  • 490人登録
  • 4.07評価
    • (53)
    • (61)
    • (40)
    • (1)
    • (0)
  • 40レビュー
  • 白泉社 (2009年3月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592886921

フラワー・オブ・ライフ 第1巻 (白泉社文庫 よ 4-4)の感想・レビュー・書評

  • 今読むとめっちゃ姉ちゃん病んでんなー。でもそれもやむなしかも。弟が白血病でいつ再発するかわかんなくて、海外赴任した母親の代わりに家庭内でその役しなきゃいけないんだもんねー。弟を家に引き留めまくるのは自分が寂しいのもあるし見てないところで弟の調子が悪くなったらどうしようって気持ちもあるのかも。最初読んだときは嫌な女だなと思ったけど、境遇を考えると可哀想な姉ちゃんだった。真島がわりと好き。暗くて調子こきでバカで生意気なあたり一番少年っぽい気がする。

  • よしなが ふみさんの作品は、人間の何とも言えない感情とか、人間関係とか、生きることとか・・・絶妙で、読んだ後に考えさせられます。人間臭いところが好きです!

  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー“文壇レシピ”で登場。
    http://nestle.jp/entertain/cafe/


    本の中に登場するあの美味しそうな一品を
    実際に再現してみよう!というこのコーナー。

    第46回目に紹介されたのは、よしながふみの「フラワー・オブ・ライフ」に登場する『かぼちゃのパウンドケーキ』。

    ―バターケーキの生地にね やわらかく蒸して砂糖とバターを入れて
    ペースト状にしたかぼちゃを混ぜる訳よー


    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/

  • 「二度と私の前に姿を現すな この雌豚!!」

    白血病を克服し、1年1か月遅れで高校に入学してきた主人公、春太郎の学校生活を描く青春群像劇。

    ちょっとめんどくさい女のお姉ちゃん、
    冷血オタク眼鏡の真島君。
    ボーイッシュでフェミニンな担当教師..
    あ~こんな青春送りたかった~
    読むとげんきでます。

    「フラワーオブライフ」というタイトルも秀逸。
    あと出てくるごはんの描写が安定しておいしそう。
    オレオ入りチーズケーキー!!パブロバ―!

  • 読んだ後じんわりと泣ける。
    よしながふみの描く泣き顔は、鬼気迫るものがあり胸を打つ。
    それぞれのキャラクターが愛おしくて、何度でも読みたい作品。個人的には真島とシゲのその後の関係が気になるー!

  • 何度読み返しても、真島のキャラが濃すぎる(笑)多少おたくでも実はいいやつとかっていう伏線はほぼなくて、ほんとにどうしようもないおたく。漫画は上手いけどおたくではない武田さんと比べると差が歴然とします。三国くんはほんと癒される。

  • 久しぶりに読んだら、苦手じゃなくなっていた。

  • 愚の骨頂のとこは名台詞。

  • 全3巻。
    タイトルの意味が分かった時、ずっしりとくる。

  • 2012 1/22読了。WonderGooで購入。
    白血病から快癒して1ヶ月遅れの高校生活を送り出した主人公と、そのクラスメイト、先生、家族たちの物語。
    『ゼロ年代の想像力』で紹介されていたので気になっていた漫画。賛否あるがそれまで気づいていなかった面白い作品を知れた、って点ではあれはやっぱ影響力のある本だ・・・ってのは横道。

    真っ直ぐなところがあって思ったままに言ってしまうところのある主人公に周りが振り回されることもあれば、オカマ風味な先生やオタク道まっしぐらな友人(?)らに悪戦苦闘することもある。
    なんだろう、すごく面白い。続きも買ってあるので読む。

  • ありそうでない日常。個性豊かな登場人物たち。何気ない時に口にするセリフがすごくいい。食べ物の描写が美味しそう。それがよしなが氏の漫画。
    もう一度、高校時代に戻ったように楽しもう。彼らが高一だということにびっくりすること請け合い笑

  • 全三巻

    ごちゃごちゃ色んなタイプが混ざった青春の高校一年生。

    真島くんがいい。

  • よしながふみ作品で一番すき

  • こんな大人っぽい高校生おらんわ!と突っ込みつつ、でもいつか友人の誰かと交わしたような、リアルな会話や出来事が読んでいてとても楽しい。
    フラワー・オブ・ライフ。自分の高校生活がそう呼べるものであったかは分からないけれど(楽しかったけど)、彼らを見てると高校生ってええなあと思うし、自分の高校生活も懐かしく思えるのです。

  • 以前テレビで紹介されて、気になって購入。全3巻。すっかり、よしながふみさんの描くスクールライフにはまってしまいました。個性豊かな生徒たちと、先生、そして家族。それぞれに悩みを抱えながらも、素敵なスクールライフを楽しんでいます。

  • よしながふみさんのなんでもない言葉のセンスがすき。
    なんでもないからこそ、とてもリアルに心に届く。
    こういうものが描けるなんて本当に素敵。

  • 全3巻。

    He died in the flower of life.

    最終巻に解説がついていないところがいい。
    好きなだけ余韻に浸れるから。

  •  
    全巻持っています(*´ω`*)ノ
    ほのぼのだけどちょっと切なくて、さすがよしながふみさん!
    クラスメイトも「こうゆう子、いるいる〜」ってキャラがたくさんいます **

    学園祭の話が1番好きだなぁ(笑)
     

  • +★★★★★★★★

    さすが!!わかつてる、わかってますな萌のツボを!!!!!!!相変わらず隙のない見事な展開っす!!ねーさん、ついてきます!!!
    真島(オタク根暗陰湿美形眼鏡どS)、劇的に好みだ。
    武田さん(オタク漫画家眼鏡美女)も超好みだ!!おさげにしてくれ!!

    この人の作品はどれもそうだけれど、なんと言っても、愛があふれているのが素晴らしい。
    人への愛、十代という時期、学校への愛。

  • さすがのよしながふみって感じです。途中の学園生活がすばらしい、斉藤先生と真島の関係など秀逸。でも、ラストは好き嫌いが別れそう。

  • こんな学生時代を送りたかったとしみじみ羨ましくなってしまう学園マンガ。でもラストにはタイトルにまつわる苦い事実が明らかになります。ただ楽しいだけじゃない、その苦さがあってこそのキラキラした学生時代があるのだなと感じさせられました。

  • よしながふみさんのマンガって事で購入。
    ハルタの天真爛漫ぷりがさわやかで、周りのちょっと変わった子たちとのバランスが良い。
    相変わらずご飯がおいしそう。
    お弁当が素敵。私も彩り考えて育ち盛りの男の子のお弁当とか作ってみたい♪

全40件中 1 - 25件を表示

フラワー・オブ・ライフ 第1巻 (白泉社文庫 よ 4-4)に関連する談話室の質問

フラワー・オブ・ライフ 第1巻 (白泉社文庫 よ 4-4)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フラワー・オブ・ライフ 第1巻 (白泉社文庫 よ 4-4)を本棚に「積読」で登録しているひと

フラワー・オブ・ライフ 第1巻 (白泉社文庫 よ 4-4)のコミック

ツイートする