新・春香伝 (白泉社文庫)

  • 198人登録
  • 3.17評価
    • (7)
    • (10)
    • (81)
    • (3)
    • (2)
  • 18レビュー
著者 : CLAMP
  • 白泉社 (2002年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592887133

新・春香伝 (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 韓国の春香伝という話をキャラクターだけモデルにした感じのファンタジーです。
    衣装の描写が細かいです。

  • 続刊があると思っていた作品。ですが、無いようですね…、残念。

    続刊がないにしろ、いろんな意味でとても印象に残っている、今でも好きな作品です。また読み直そうかな…

  • ツバサにも出てくる女の子が主人公

  • 最後が完結した気がしない終わり方だったのが残念。
    しかし話の雰囲気は分かりやすくて好きかもしれない。
    因みに、この話が生かされてるのが同作者の「ツバサ」で二つ目に行った国。
    世界観が大体同じです。
    こちらも読むと、色々と楽しめる箇所が多いかも。

    リャンバンの息子には、ちょっと同情する所ではあるんですけどね。
    アプローチの仕方を間違えなければ、春香といい感じになって、なおかつ国をいい方向にもっていけたかもしれない。
    リャンバンは典型的な悪者だったけども、息子はもう少し賢ければなあ、と思うところがある。

  • CLAMPらしく、中華な話ですね。元ネタが見たくなります。

  • 忘れられた名作。
    CLAMP好きでも読んでいない人が多いが、これを読まないと「ツバサ」の2国目がよく分からないはずだ。

  • 結構好きです。春香かわいい。あの旅人も好きです。最後の方にある春香の小さい頃の話は特に泣けました。大人の事情で完結させられてる感じだけど、続いて欲しかったなぁ。

  • 朝鮮の昔から伝わる話を元にパロディとして書かれてます。朝鮮では有名な「春香伝」を、CLAMP先生がどう崩してデフォルメして書いているのかが見所だと思います。
    メインの男性がまさにCLAMP!という性格で微笑ましいです。良くを言えば続きもっと書いてほしかった…。

  • 朝鮮半島の民話をアレンジしたもの。春香が元気でかわいい。

  • 爽快な時代劇。かなり前の作品なのに絵が全然古くない。むしろかっこいい!昔の朝鮮をCLAMPらしく描いてる。
    続きがないのが残念。

全18件中 1 - 10件を表示

CLAMPの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新・春香伝 (白泉社文庫)に関連する談話室の質問

新・春香伝 (白泉社文庫)はこんなマンガです

新・春香伝 (白泉社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新・春香伝 (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新・春香伝 (白泉社文庫)の文庫

ツイートする