八雲立つ 第6巻 (白泉社文庫 い 1-23)

  • 107人登録
  • 4.00評価
    • (12)
    • (15)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 樹なつみ
  • 白泉社 (2008年11月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (385ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592888062

八雲立つ 第6巻 (白泉社文庫 い 1-23)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 天邪鬼来たりて(3~4)(七地ピンチで闇己ピンチ!)
    古代編(己貴)
    その涯てを知らず(1~6)(闇己七地熊野へ、邑見&佐那女、しおり&五十鈴)

  • 布椎神道流に入門してきた美少年・高條筑陽は、闇己に憧れているらしく、何度も接近を試みる。しかしその度に闇己に冷たくあしらわれてしまった彼は、標的を健生へと変更して、健生を廃ビルの中に閉じ込めてしまう。筑陽は忌部家が放ったスパイだったのだ!!健生の危機を夢で知った闇己は気が動転して、自分の内の念を暴走させてしまい…!?同時収録の古代編「己貴」では、須佐郷を訪れた甕智彦の兄・己貴が窮地に陥ってしまい!?

  • 何度でも読めます

全3件中 1 - 3件を表示

八雲立つ 第6巻 (白泉社文庫 い 1-23)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

八雲立つ 第6巻 (白泉社文庫 い 1-23)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

八雲立つ 第6巻 (白泉社文庫 い 1-23)を本棚に「積読」で登録しているひと

八雲立つ 第6巻 (白泉社文庫 い 1-23)はこんな本です

八雲立つ 第6巻 (白泉社文庫 い 1-23)のKindle版

八雲立つ 第6巻 (白泉社文庫 い 1-23)のコミック

ツイートする