八雲立つ 第7巻 (白泉社文庫 い 1-24)

  • 99人登録
  • 4.03評価
    • (11)
    • (16)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 樹なつみ
  • 白泉社 (2009年1月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592888079

八雲立つ 第7巻 (白泉社文庫 い 1-24)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • その涯てを知らず(7~8)(七地死にそうになりながらも神剣ゲット)
    十三塚異聞(1~3)(未紅)
    沫立つ波濤(1~5)(海都波と安柘)

  • 神魂昇華会について調べていた健生は、道場内で幻覚作用を持つ”ロハ”の香炉を見つける。しかしそこを眞前に取り押さえられてしまい…!?信者の洗脳に”ロハ”を使用している事を口外したら、家族に危害を加えると脅された健生だったが、覚悟を決めて闇己に自分の知った事を伝える。そしてその時、神剣を早く手に入れたいと願う健生の気持ちに応えた”山祓”の声が、健生に届き…。新章の「十三塚異聞」では、初主役の蒿が大活躍する!?

  • 何度でも読めます

全4件中 1 - 4件を表示

八雲立つ 第7巻 (白泉社文庫 い 1-24)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

八雲立つ 第7巻 (白泉社文庫 い 1-24)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

八雲立つ 第7巻 (白泉社文庫 い 1-24)を本棚に「積読」で登録しているひと

八雲立つ 第7巻 (白泉社文庫 い 1-24)はこんな本です

八雲立つ 第7巻 (白泉社文庫 い 1-24)のコミック

八雲立つ 第7巻 (白泉社文庫 い 1-24)のKindle版

ツイートする