コーリング 第1巻 (白泉社文庫 お 4-1)

  • 57人登録
  • 4.40評価
    • (10)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
  • 白泉社 (2009年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592888970

コーリング 第1巻 (白泉社文庫 お 4-1)の感想・レビュー・書評

  • 品のある絵柄だ。このファンタジー世界にはよく似合っている。「伝説の獣」の面々の豪華さもすごい。サイベルの呼び寄せる力は、これをゲームでやるとパワーバランスが取れなさそうなぐらい強力だな。

  • 実に美しい絵!これぞファンタジーという感じ。

  • なんか。。。いいや。。。。
    昔の作品のにゲームみたいだ・・
    ファンタジーは苦手なのだろう。

  • サイリンに夢中になる
    絵が話にぴったり
    おとなファンタジー

  • 原作以上を引き出すって夢だなー…と脱帽するしか無い、というか。陰陽師にしろ、岡野先生はその側面からも最高峰だなと思います。

    表現の媒体を変えるとき、その異なる表現文法のためにあらゆる“翻訳”が必要になるわけですが、それが成功している/成功した事例というのはそう多くないと思い、またそれがいかに難しいかと言うことにも想いを馳せます。

    パロディではなく、しかしある種のパロディとすべきライン、直訳ではなく意訳にすべきラインをよく見抜き、さらにそれだけでなく、深部を重ねたり引き出したりしてしまうこと。一人の表現者という翻訳家を通した時に起こる、これはもはや消化ではなく昇華なのだろうなと、美味しく頂きました。

    愛について十分に辛辣で、十二分にロマンチックな一作でもありました。自己愛も含め。

  • 陰陽師からの岡野玲子。
    やっぱり岡野玲子の世界観、というか、ふたつとも原作あっての漫画だけど、こういったものを選択するあたりが好きだなおれは。

  • 図書館にあるのは潮出版社刊だけど、表紙絵が表示されたほうがいいので、こっちで登録。パトリシア・マキリップ原作の邦題『妖女サイベルの呼び声』の漫画化作品。原題はThe Forgotten Beasts of Eld。

    岡野玲子さんの繊細な画が原作の詩的な物語と見事にマッチしていて美麗……。謎掛け猪のサイリンがいい。良質の少女漫画を求めている人にイチオシです。

  • 再販をずっと待ってました。
    陰陽師に通じるテーマもあって、愛と復讐とロマンス風味が読みやすい。
    原作に忠実、でも深く読み込んだ表現がマンガの醍醐味です。
    あとはいつも思うのですが、岡野さんの手の表現だけが不満です。

  • イギリスの作家パトリシア・A・マキリップの『妖女サイベルの呼び声』をマンガ化した作品。

    原作が大好きで、マンガ化もされていることは知っていましたが、今回思い切って全巻そろえてしまいました。

    岡野玲子さんの絵が幻想的で、原作のイメージにとっても合っていました♪

    物語は山奥の城で1人伝説に語られる幻獣たちと暮らす若き魔女、サイベルの元に赤子を抱えた1人の騎士がやって来るところから始まります。

    偉大な魔術師だった祖父や父から、心(マインド)に語りかけて幻獣たちを引き寄せる術を習い、知恵あるイノシシや、偉大なライオン、夜の貴婦人と呼ばれる猫や巨大な竜まで従えるサイベルですが、人間たちの中で翻弄され、愛を知って苦しむことに…

    原作をなぞりながらも、岡野玲子さん独特の世界観と合わさって、魅力的なサイベルが描かれていました。

  • やっと、やっとまとめて読むことが出来た。全3巻、一気読み!連載時にパラっと見て気にしていたのに、なぜか単行本を見つけることが出来ず、不満がつのっていたら、文庫で揃って出た! ありがと白泉社。原作も早川文庫で復刊とのこと、買い!

全13件中 1 - 13件を表示

コーリング 第1巻 (白泉社文庫 お 4-1)に関連する談話室の質問

コーリング 第1巻 (白泉社文庫 お 4-1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コーリング 第1巻 (白泉社文庫 お 4-1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コーリング 第1巻 (白泉社文庫 お 4-1)を本棚に「積読」で登録しているひと

コーリング 第1巻 (白泉社文庫 お 4-1)の単行本

コーリング 第1巻 (白泉社文庫 お 4-1)の単行本

コーリング 第1巻 (白泉社文庫 お 4-1)の単行本

ツイートする