彼氏彼女の事情 1 (白泉社文庫 つ 1-2)

  • 259人登録
  • 4.30評価
    • (24)
    • (23)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 津田雅美
  • 白泉社 (2011年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (423ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592890010

彼氏彼女の事情 1 (白泉社文庫 つ 1-2)の感想・レビュー・書評

  • ずっと大好きなマンガ
    雪乃と有馬 真帆さんと貴志さんが好き.
    彼のソケットは 彼と彼女のソケットになれるということ. 雪乃が素敵すぎる

  • 全巻読了。バイブル!

  • かなり大好きな少女マンガです
    連載されている当時は姉が買っていて、新刊が出るのが楽しみで仕方なかったです
    今回文庫版発売ということで!
    いろいろ思い切って大人買いしちゃいました!
    当時もおもしろーい!となったけど改めて読んで、やっぱ面白かった〜
    途中で3回は泣きました
    大人でもすごく楽しめるマンガです
    感情移入しすぎちゃって読み終えたら気分は宮沢でなんとなく頭が良くなった気がしたのはきっと私だけじゃないはず・・・・・

  • 大昔アニメ見てちょっとだけ買って立ち読みで読破した作品。文庫版になってくれたのでちょっとずつ買うことにしました。

    後を知ってからみると最初なんかああこんな頃もあったなあっていうかあさばすらいないころがあったんだなあとかそんな。

  • 10数年前、アニメ化に際し、
    本屋さんで単行本の1巻を立ち読みしたのが最初でした。
    (昔は、今のように単行本はビニールに包まれていなかったので)
    1巻は、テンポが良く、笑いも多いので、本当に面白いです。
    当時、本屋さんで笑いを堪え切れなかったイチオシのシーンは、

    前日の勉強で寝不足だった雪野(主人公)が、授業中居眠りをしていたら、
    誤ってシャーペンを喉に詰まらせてしまい、慌てて周りを見回したら、
    その一部始終を目撃したらしき真っ青な有馬の姿があった場面。

    あの場面は、本当に傑作です(個人的に)。
    その後、単行本は途中まで揃えました。(今は手元にありませんがw)

    最近になって、文庫版を見つけ、
    久しぶりに手に取って読んでみましたが、やはり面白い。

    カレカノは、巻数を重ねていくにつれ、
    思いがけなく暗い方向に進んでいくので、好き嫌いが分かれると思いますが、
    序盤の方は万人受けする面白さだと思いますね。

  • 本屋で試し読みの小冊子を読んでみたら面白そうだったので買ってみた。
    主人公2人が思いのほかあっさりとくっついてしまって拍子抜け。もうちょっとじれったい展開があると思ってたのだけど…。
    2巻を買うかどうかは考え物だな…。古本であれば買うかも、ってくらい。

  • なにこれおもしろい。<本屋での立ち読み後の感想

  • 全力で逃げる雪野を有馬が全力で追うシーンと手を繋ぐシーンは秀逸♪ 宮沢三姉妹はのびのび育ってますなぁ(笑) アニメを先に見てるからやっぱりゆきのんの声は脳内で榎本あっちゃんに変換される(笑)

  • 一番大好きな少女マンガ!
    思い出補正?バリバリかかっていますが何か。

    中学生の頃は、本気で有馬君が好きだったな~(´∀`*)

  • 久しぶりに読んだけど、初期のノリ好きだな。宮沢カワイイ

全13件中 1 - 13件を表示

彼氏彼女の事情 1 (白泉社文庫 つ 1-2)に関連するまとめ

彼氏彼女の事情 1 (白泉社文庫 つ 1-2)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

彼氏彼女の事情 1 (白泉社文庫 つ 1-2)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

彼氏彼女の事情 1 (白泉社文庫 つ 1-2)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする