クリスマス・イブ

  • 118人登録
  • 3.96評価
    • (18)
    • (12)
    • (15)
    • (1)
    • (1)
  • 18レビュー
制作 : ベニ モントレソール  Margaret Wise Brown  Beni Montresor  矢川 澄子 
  • ほるぷ出版 (2003年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593500390

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
マーガレット・ワ...
ユリー・シュルヴ...
有効な右矢印 無効な右矢印

クリスマス・イブの感想・レビュー・書評

  • ◆クリスマスイベントの題材探しに。◆イブの夜、眠れない4人の子どもたちが、ベッドを抜け出して大人に見つからないようにこっそり階下のツリーを見にいきます。◆最小限の表現が、夜の静けさを思わせます。詩のように心に響きます。◆オレンジ色の中の素朴な挿絵。暖色なのになぜ夜を思わせるのか不思議でしたが、そう、明かりを使わずに赤外線ライトで暗闇を見るのに似ている。静かで穏やかな夜の、音のない、いえキャロルだけが遠くに響く美しい絵本です。◆絵:ベニ・モントレソール(伊・舞台美術)/訳:矢川 澄子(初版1976)48p【2013/10/05】

  • クリスマスツリーといえば、赤と緑…そんな概念を覆される、華やかなツリーの美しさには間違いなく大人も魅了される。
    イブのワクワク感は、いくつになってもたまらなく高揚するものだなと思う。

  • 子どもの本の優れた作家マーガレット・ワイズ・ブラウンの、聖なる夜を厳かにとらえた文に、舞台美術家出身のベニ・モントレソールが素晴らしい絵をつけました。落ち着いたオレンジ色を基調に、輝きの黄色と、黒のペンの描線で描かれた、眠れない子どもたちがそっとベッドを抜け出した静かな聖夜。詩文と溶け合って、心に響く美しい絵本です。

  • ドキドキする!年長さんに読んであげたい。歌さえマスター出来れば!

  • 巷に溢れるお祭りのような楽しいクリスマスではなく、静かにしんしんと降り積る雪の夜にみた神聖で静かなクリスマスの景色…どこからかキャロリングの声が聞こえてきます。きよしこの夜。ツリーは暖炉のまえでひときわ輝いて見え子どもたちはプレゼントに手を触れることもなくベッドに戻ります。そこにはイエス様の誕生を祝う本当のクリスマスがあるのです。

  • 子供たちにとっては一年で一番楽しみな日。嬉しくて眠れないなんて、いかにもかわいらしいですね。こっそり起きだした夜の世界は昼とは違う世界。そればかりかクリスマスの飾りつけや、静かな雪や、厳かな歌声も相まって、いつもの居間も非日常の世界のように感じてしまうんでしょうね。明日は楽しい一日、ぐっすりおやすみなさい。

  • オレンジの地の色がいい。なんともあたたかで幸せになる。絵もやさしい。文も子どもたちのクリスマスに対する厳粛な気分とかが良く伝わってくる。

  • 子ども達が夜中に起きてしまうのが、すごくドキドキした(娘)
    クリスマスの静かな夜の情景が目に浮かぶ。クリスマスを信じてる娘には、特別な夜の世界が心に響いた様子(母)

  • クリスマスの独特の雰囲気が伝わってくる絵本

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    クリスマスイブの夜。眠れない子どもたちは、そっとベッドをぬけ出して、階下へ冒険に出かけました。そこで子どもたちが見たものは…。美しいクリスマスの絵本。

    【キーワード】
    絵本・クリスマス・子ども

  • オレンジ色基調の挿絵に
    夜の冷たさや、
    暖炉の暖かさや、
    雪の降る静かさや、
    そーっとベッドから抜け出す緊張感や、
    抑えきれない興奮や、
    そういうのが全部詰まっていてクリスマスが待ち遠しくなる。

  • クリスマス・イブの夜中にベッドを抜け出した4人の兄弟

    おごそかー

  • 『聖おにいさん』と並べるのもなんだが・・・。この冬の「おはなし会」でよく使った本。きらびやかでドンちゃんさわぎなモノが多いクリスマスの絵本ですが、こういう静かな冒険も良いものです。

  • マーガレット・ワイズ・ブラウンの遺作とのこと。
    クリスマスイブの真夜中、なかなか眠れない4人の子ども達。
    下の階のクリスマス・ツリーに触ってお願いごとをしようとそっとベッドを抜け出します。
    暖炉の残り火に輝く見事なツリー。
    大きな靴下の中やツリーの下にあるたくさんのプレゼント。
    表では家から家へクリスマスの歌を歌って回る大人達の声が聞こえます。
    そっとベッドに戻った子ども達・・・
    日本のクリスマスとはまた違う素敵な雰囲気が味わえる絵本です。

  • 装丁がまたかわいいw

    子供にとって、真夜中に、それもクリスマス・イブに
    ベッドを抜け出すことは
    本当にある意味冒険!!

    そんなわくわく感が伝わる。

    けど、最後の方が宗教的なことで少し??だった。

  • 【11/26】学図。季節の本(=クリスマス)

  • 静かなストーリーです。

全18件中 1 - 18件を表示

クリスマス・イブに関連するまとめ

クリスマス・イブを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クリスマス・イブを本棚に「積読」で登録しているひと

クリスマス・イブの作品紹介

まちにまったクリスマス・イブの夜。あたりはしずかに雪がふっています。「ねむるまえにみんなでしたへいってクリスマス・ツリーにさわっておねがいごとをしよう」。ねむれない子どもたちは、そっとベッドをぬけだして、階下へ冒険にでかけました。そこで子どもたちがみたものは…。『おやすみなさいおつきさま』で有名なマーガレット・ワイズ・ブラウンの遺作に、イタリアの舞台美術家出身のベニ・モントレソールが絵をつけた、静かで美しいクリスマスの絵本。

ツイートする