ちびゴリラのちびちび

  • 590人登録
  • 3.92評価
    • (72)
    • (48)
    • (71)
    • (8)
    • (0)
  • 84レビュー
制作 : いわた みみ 
  • ほるぷ出版 (1978年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593500772

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
トミー=アンゲラ...
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ちびゴリラのちびちびの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 皆ちびちびが大好き、それは大きくなっても変わらないんだよ、というお話です。
    でも2歳児には伝わってませ~ん。
    大きくなったちびちびを見て「やだ!」と言っています(笑)
    でもきっと、自分が成長した時読んだらまた違った気持ちで読めるのではないかと期待しています。

    今はバナナをちびちびにあげる振りをしたり、ライオンのお口に指を入れて噛まれた振りをして遊んで楽しんでいます。

  • ゴリラが大好きな作者が大好きなゴリラを描きました。
    ちびちびの表情が愛らしい。
    ひとめで私もちびちびが大好きになりました。
    みんなに愛されて大きくなったちびちびはきっとみんなを愛するようになるのでしょうね。

  • この絵本、我が子が生まれる前はそれほど魅力を感じなかったんだけど、子育てしてこの絵本にながれる愛情がひしひしと伝わってきました。
    いろいろ動物が出てくるんだけど、結構迫力がある。我が子もページをめくるたび目を大きく見開いていた。特に蛇は私もヒヤリとしました。だって怖いよ普通に。
    ちびちびが大きくなった様子もそれはそれは迫力がある。

  • 自己肯定感が育つ、ステキな絵本だなぁと思う。お誕生日にプレゼントしてあげたい。

  •  あかちゃんの愛おしさを教えてくれる一冊です♪
     何度も何度も読んで、子どもたちの誕生日をお祝いするたびに読み返したい絵本です。
     あかちゃんの誕生をみんなで喜び、その成長を大事に大事に見守ってくれているぬくもりにほっこりする絵本。

  • とにかく話があたたかい。
    みんながちびちびのことを大好きなんです。
    愛されて育つっていいなと思いました。

    子どもの誕生日とかにあげるといいかもしれません。

  • ちびゴリラのことをみんな大好き。
    成長してもそれは変わらない。
    大好きなものは大好きなんだ。

  • むすめ1さいのたんじょうびに

    「あなたが大好きよ」を伝える絵本のなかではいちばん。

  • ずっと、ずっと、愛されている。
    愛情のシャワー。
    安心のシャワー。

    「ちびちび」のお母さんとお父さんのページの、包み込まれるような色合いと絵に、まずはほっと安心します。

    その安心が、ずっとずっと続いて、「なにかがおこりました」、その後だって続く。

    「赤ちゃんの頃のあなたはかわいくて、みんなあなたのことが大好きだった。
    そして大きくなっても、かわいくて大好きだよ」
    理屈抜きで伝わってくる、愛されている実感。
    多幸感に、心が緩みます。

  • 図書館 閉架。2歳1ヶ月。反応はイマイチ。もう少し大きくなってからまた読んでみよう。2017/6/30

    何度も読んでいたら「ちみちみ」と言って愛着が湧いてきたよう。蛇のシーンでは「ニョロニョロ」、バナナのシーンでは「まなー」、どんどん大きくなるシーンでは「どんどん」と言う。ケーキのシーンでは一緒に「ハッピーバースデー」を歌い、最後にフーッと火を消すまね。気に入った様子。2017/7/10

全84件中 1 - 10件を表示

ちびゴリラのちびちびに関連するまとめ

ちびゴリラのちびちびを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ちびゴリラのちびちびを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちびゴリラのちびちびを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする