ね、うし、とら…十二支のはなし―中国民話より

  • 87人登録
  • 3.70評価
    • (8)
    • (7)
    • (14)
    • (0)
    • (1)
  • 9レビュー
制作 : エロール・ル・カイン  へんみ まさなお 
  • ほるぷ出版 (1978年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593500840

ね、うし、とら…十二支のはなし―中国民話よりの感想・レビュー・書評

  • 中国の昔話。読み聞かせに約13分。5才~。

    昔,新しいこよみをきめるとき,ねずみとうしとが,いちばんになるのはどちらか言いあらそっていました。
    ねずみはかしこさを,うしはつよさをいいはっておたがいゆずりません。
    皇帝は困って,はんぶん神さまではんぶんにんげんのシュン・ユーに,十二支のほかの動物たちにきめさせろと命じます。
    シュン・ユーは,皇帝の命令どおりに,動物たちにねずみとうしのどちらがよいか聞きに行きますが……。

    十二支にまつわる昔話。
    動物たちの思惑がそれぞれあって,おもしろいです。
    日本の,十二支の昔話とはちがうところも興味深いです。

    絵は,エロール・ル・カイン。
    「おどる12人のおひめさま」とはまったく違ったタイプの,東洋的な絵に,表現力の幅の広い人だと感じさせられます。

  • 少し変わった十二支のはじまりのおはなし。ネズミの賢さがピカイチ!エロール・ル・カインの絵が独特感をだしている。

  • 十二支の始まりの中国の伝説の話。
    半妖の人が天帝に頼まれて12匹の動物を選んだけれど、一番最初は大切なので一番最初をねずみにするかうしにするかで悩んでいた。
    ねずみは賢いので一番がいい、うしは力強いので一番がいい、と言い張る。
    他の10匹の動物たちに聞いたところ12匹に選ばれたのだから今の順番に不満はない、と言う。
    ねずみとうしどちらを一番にするか尋ねると半々になってしまった。
    そこで、今度は人間たちに決めてもらおう、となった。
    だが、ねずみはうしよりも小さいので魔法で大きくしてもらわないと人間たちは目に留めないと嘆く。
    そこで半妖が魔法で大きさにする。
    うしは、大きくなったねずみよりもまだ百倍大きいので気にしなかった。
    ところが、人間たちの町へ降りてねずみとうしが歩くと、みんな大きなねずみに注目する。
    うしはというと、どこにでもいるうしだったので、半妖がねずみとうしどちらを一番にすべきか人間たちに聞いたときに、ねずみしか見なかったと答えた。
    そういう訳でねずみが一番になった。
    これもねずみの賢さ故の策略だったのだ。

    日本の昔話では、うしはおっとりしていて、一番最後にねずみに先を越されても二番だから気にしない、というおおらかさを見せていたのに中国ではねずみと争うほどだったとは意外。
    ねずみは中国でもずる賢い。
    猫がねずみを追いかけるようになる起源の話が登場しないのも意外だった。


    エロール・ル・カインがこんな中国っぽい雰囲気の絵を描くというのも意外性があってよかった。
    というかシンガポール出身で香港とかにも住んでいたとは知らなかった。
    ヨーロッパの人だと思っていた。

  • 【12/14】積読。季節の本(十二支)。(どうぶつ)(王)(民話-中国)

  • シュー・ユーは十二支の一番目をねずみにするか
    うしにするか悩んでいました。
    ねずみは自分の賢さを、うしは自分の強さを
    主張しているのです。

  • 絵が綺麗だった ローラに説明しようとした

全9件中 1 - 9件を表示

ね、うし、とら…十二支のはなし―中国民話よりを本棚に登録しているひと

ね、うし、とら…十二支のはなし―中国民話よりを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ね、うし、とら…十二支のはなし―中国民話よりを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ね、うし、とら…十二支のはなし―中国民話よりを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ね、うし、とら…十二支のはなし―中国民話よりを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする