ハーメルンの笛ふき

  • 97人登録
  • 3.74評価
    • (7)
    • (11)
    • (16)
    • (0)
    • (0)
  • 15レビュー
制作 : エロール・ル カイン  金関 寿夫 
  • ほるぷ出版 (1989年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (33ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593502349

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ナオミ・ルイス
ローズマリー・ハ...
モーリス・センダ...
ユージーン トリ...
なかの ひろたか
アンドルー ラン...
アントニア バー...
にしまき かやこ
マージェリィ・W...
ユリー・シュルヴ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ハーメルンの笛ふきの感想・レビュー・書評

  • サラ&ステファン・コリン夫妻の文、絵はエロール・ル・カイン。タテ30cm,ヨコ22cmの大判本。著者の解説にもあるように、このお話は1284年6月26日(すごく具体的だ)に、ハメルンの街で実際に起こったこととして伝えられている。誰もが知っているお話しだし、ここでもことさらな改変は加えられることなく淡々と事実(?)だけが語られる。絵は、ハメルンの街の印象とは少し違うようにも思うのだが、むしろ物語の中の幻想の街として描かれたのであったのかもしれない。また、今回は構図にあれこれと工夫が凝らされているのが特徴か。

  • 幼少期にグリム童話を聞きかじったか何かで、ぼんやりとした内容は知っていたのですが、大人になって改めて読むと本当に恐ろしいお話です、「ハーメルンの笛吹き男」。

    本書『ハーメルンの笛ふき』は、サラとステファンのコリン夫妻の文章にル・カインが挿絵を描いたもの。

    ネズミの害に悩まされるハーメルンの町の人々や、無能な町長及び議員たち、そして何より不思議な不思議なまだら服の笛ふき男が、ル・カインの繊細なタッチで美しくも奇妙な姿に描き出されています。

    ル・カインが好きで手に取ったのですが、巻末の「ほんとうはなにがおこったのか?」という文章に触れ、1284年6月26日に実際にあった集団子ども失踪事件やその歴史的背景にも興味が湧きました。

  • グリム兄弟も残している、ドイツの伝承民話。
    挿絵もかわいらしい。
    今もハーメルンではこの民話にちなんだ祭りがある。
    行ってみたい。
    話の内容は恐ろしくもあり、不思議。
    歴史的背景はさまざまに考えられ、それがまた、考えさせられる。
    物語とは扉のようなもので
    開けて、考えると、さまざまに進んでいく。
    空想と現実の間を・・・

  • 細かいところまで描かれた エロール・ル・カインの絵

    たくさんのネズミ・ネズミに
    たくさんの人・人・人
    一つ一つ表情があって 面白い

    ちょっと怖いお話なので
    家の壁はねじ曲がったり、よれていたり
    部屋や道の端には 不気味な影が広がっていて
    不気味さいっぱい

    ドキドキする絵本

  • 1284年6月26日、ハーメルンで130人の子どもがきゅうに消えてしまった。グリム童話などでよく知られている「ハーメルンの笛ふき男」伝説が、エロール・ル・カインの絵で中世の香り高い絵本に。巻末に「ほんとうはなにがおこったのか」というコリン夫妻の文章も。

    イラスト:エロール・ル・カイン

  • 大好きなエロール・ル・カインが挿絵を担当。
    ジャケ買いですw
    もちろん私の宝物ですよ!

  • ブリューゲルの様な群像描写が素晴らしいです。

  • 購入日:----/--/--
    読了日:2010/09/08
    立ち読み。
    見開きの片方が絵で、片方がびっしり文章と、文字がちょっと多めだけれど、絵がいいな。
    雰囲気合っている。

    実際にあったことが元になった伝承だとは知らなかった。
    ハーメルって地名だったんだ…。
    その他の派生作品の影響で人の名前だと思っていた…。

    ねずみを退治したのに、約束を破ったから報復を受けた話だとばっかり思っていた。
    それと、山のところに扉があって、その向こうに消えたり、足の悪い子ども遅れて助かったり、その向こうで幸せに暮らすと教えられたという部分は知らなかった。

    最後の「ほんとうはなにがおこったのか」を読むと、この話にもっと興味が沸くかも。

  • ル・カイン大好き♪
    児童書なのに、お伽噺なのに、妖しいのがぞくぞくします☆

  • トラウマ本ときいて。
    たしかにこえーーー。
    じわじわくる怖さ。これ子どもはどんな反応するんだろ・・・

  • イメージぴったり。

  • ご存知ドイツのちょっと怖いお話です。セブンが好き、という方なら不思議な世界を楽しめるはず。

全15件中 1 - 15件を表示

ハーメルンの笛ふきを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハーメルンの笛ふきを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハーメルンの笛ふきを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする