魔術師キャッツ―大魔術師ミストフェリーズ マンゴとランプルの悪ガキコンビ

  • 160人登録
  • 3.79評価
    • (18)
    • (13)
    • (24)
    • (0)
    • (2)
  • 20レビュー
制作 : エロール ル・カイン  田村 隆一 
  • ほるぷ出版 (1991年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593502745

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マージェリィ・W...
ナオミ・ルイス
アントニア バー...
ウォルター ペー...
モーリス・センダ...
ばーじにあ・りー...
トミー=アンゲラ...
ローズマリー・ハ...
酒井 駒子
有効な右矢印 無効な右矢印

魔術師キャッツ―大魔術師ミストフェリーズ マンゴとランプルの悪ガキコンビの感想・レビュー・書評

  •  大魔術師ミスター・ミストフェリーズの幻想の世界に酔いしれたいなぁ。 
     マンゴとランブルは悪い悪戯ばかりするけれど憎めないなぁ。「あ!やられた!」って、むしろその鮮やかな手口に感心してしまうんだろうなぁ。

  • 絵に一目ぼれ。「大魔術師ミストフェリーズ」「マンゴとランプルの悪ガキコンビ」の2作。エロール・ル・カインの遺作だそうで。文章(詩)のT・Sエリオットはノーベル文学賞受賞者らしいです。ストーリー性のある絵本という風でないので、訳さずに英文で味わうのがもしかしたら向いているのかも。でも絵がとにかく好みなので満足満足^^

  • なんか、面白いわ…

  • イラストは文句なしの美しさ。ただ、2週間前に読んで既に内容忘れてるレベル・・・

  • T・S・エリオットの詩に、エロール・ル・カインの絵、そして詩人の田村隆一訳という、理想のトリオによる『キャッツ』の第2弾。お話自体はきわめてシンプル。むしろ言葉の響きやリズムを楽しむもの。「大魔術師ミストフェリーズ」と「マンゴとランプルの悪ガキコンビ」の2話を収録。絵も内容も前者が優る。表紙はそのハイライトシーン。夕暮れ時の絵も素敵だ。また、そのつど表情の変わるネコの眼も見どころの一つ。ただし、ル・カインが目当てで、最初の1冊にというのなら、本書はお勧めしない。これは、最初にあげたトリオを楽しむものです。

  • この本の絵を描いている、エロール・ル・カイン氏の展覧会へ行って、
    彼やこの本を知りました。
    とても繊細で美しい絵を描く方です。

    読んだことがないので、いつか読んでみたい。

  • 図書館で借りてきた本。
    ハヅキ(3歳9ヶ月)が自分で選んできた本。
    話が難しくて長いので、ハヅキは飽きてしまう。
    まだ途中までしか読んでないけど、返すことにします。
    もう少し大きくなったらまた借りて読もう。

  • なんて可愛い絵本っ!!

    「大魔術師ミストフェリーズ」
    「マンゴとランプルの悪ガキコンビ」
    どっちも猫のお話です。

    ミャミャーン、クルリン!
    猫好きにはたまんないっすねっ

  • 魔術師と泥棒猫コンビの二編収録。Mr.ミストフェリーズ!夜空のマントがカッコイイな。ミュージカルでもセンターポジションの多い花形。そして泥棒猫のマンゴジェリーとランプルティーザが絵師カイン氏の遺作なんだそうな。もっと他の猫も描いて欲しかったかもしれない。まー、どれを読んでもミュージカル曲が脳内再生されます。猫にご挨拶を~、Oh!キャット!!(*´Д`)ノ♪

  • 大好きすぎる、「キャッツ」本!
    ミストは、気ままでネコらしいネコちゃん。

  • 言葉のリズムの良さにぐいぐい引き込まれ、とりこになる。
    それがもう彼の奇術を見たかのような臨場感。
    現実逃避にはもってこい。
    彼の優雅な掴みどころのなさったら、それはもうすてきなものです。

  • ★P.N タガー さんのおすすめコメント★

    大魔術師ミストフェリーズ、マンゴとランプルの悪ガキコンビが大活躍!
    エロール・ル・カインの美しい絵にもうっとりする一冊。
    大人も楽しめる素敵な絵本です。

    OPACへ ⇒ https://opac.musashino-u.ac.jp/detail?bbid=9000313543

  • 「大魔術師ミストフェリーズ」と「マンゴとランプルの悪ガキコンビ」の2編が載っている。
    どっちも猫の話。

    テンポがよくてリズムよく読める。
    絵は偶然にもさっき読んだル・カイン。
    しかもこれが最後の作品だそうだ。
    ル・カインの画風は独特で見分けやすい。

    -----------------------------------------------------
    2015年3月14日、再読。

    「大魔術師ミストフェリーズ」
    大魔術師、ミスター・ミストフェリーズを称賛する言葉でページが進む。
    本当に不思議な猫なのか。
    ただのねこちゃんに思えるけれど、真相はいかに。
    夕方から夜の切り替わりのマントとか、暖炉の前にいたと思ったのに屋根の上にも、という部分が好き。

    「マンゴとランプルの悪ガキコンビ」
    窃盗ねこコンビ。
    お肉を盗んだり、ネックレスと盗んだり、花瓶を割ったり…。
    悪い猫なのに、語り口のリズムがよくて楽しんでしまう。
    大きなお肉が盗まれて今日のごちそうはありません、と嘆くところが笑える。

    文章のリズムがいいと思ったら作者は詩人だった。
    ル・カインの遺作だったとは…。
    どっちも忘れていた。

    ミュージカル「キャッツ」のもとになった絵本だとか。
    劇団四季の広告、最近も出ていた気がする。

  • 魔術師キャッツのかわいい絵本

  • CATSの原作。
    エロール ル・カインの絵も大好き。

  • ノーベル文学賞受賞の詩人が描いたネコの不思議な絵本。

  • エロール・ル・カインが猫描いてるんですよ!<BR>
    クリスマスプレゼントに貰いました♪

  •  ご存知、ミュージカル「キャッツ」の元になった本です。
     ここに出てくる猫のかわいらしい(?)こと。
     エロール・ル・カインのイラストは、最高ですv 若くに亡くなられたのが、残念で仕方ありません。

  • 一番好きな絵本。
    絵が最高に最高に良いです。
    こういうキャラクター大好きです。
    Errol Le Cainさんが描いてます。万歳。

全20件中 1 - 20件を表示

魔術師キャッツ―大魔術師ミストフェリーズ マンゴとランプルの悪ガキコンビに関連する談話室の質問

魔術師キャッツ―大魔術師ミストフェリーズ マンゴとランプルの悪ガキコンビを本棚に「読みたい」で登録しているひと

魔術師キャッツ―大魔術師ミストフェリーズ マンゴとランプルの悪ガキコンビを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魔術師キャッツ―大魔術師ミストフェリーズ マンゴとランプルの悪ガキコンビを本棚に「積読」で登録しているひと

魔術師キャッツ―大魔術師ミストフェリーズ マンゴとランプルの悪ガキコンビはこんな本です

魔術師キャッツ―大魔術師ミストフェリーズ マンゴとランプルの悪ガキコンビの図書館

ツイートする