ボルカ―はねなしガチョウのぼうけん

  • 120人登録
  • 3.98評価
    • (14)
    • (13)
    • (12)
    • (0)
    • (1)
  • 19レビュー
制作 : John Burningham  木島 始 
  • ほるぷ出版 (1993年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593503070

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
酒井 駒子
マージェリィ・W...
ユリー・シュルヴ...
ジョン・バーニン...
トミー・ウンゲラ...
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

ボルカ―はねなしガチョウのぼうけんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 他の人と一緒じゃなかったからこそ、その人たちに見れなかった景色もある。

  • 色使い・タッチがすごく好み!!
    ストーリーはよくある話だけど、絵の感じが好きだなぁ。

  • 羽がないという、ハンディがあるガチョウが、群れの中では居場所がなく悲しい思いをしていて、でも最後は居場所を見つけた。どんな状況であっても、受け入れてくれる場所、求めてくれる人、居場所はどんな人にもあることを気づかせてくれる絵本です。

  • 10:44
    秋になって旅に出る話なので、少し寒くなってきた頃がいいかも?
    他のガチョウの子にいじめられるシーンあり、家族と離れ離れになるが、助けられてたくましくいきるボルカを応援したくなる
    語感もよい

  • 2017/07/4(1年生)

  • ちょっと違っても、きっとどこかに、そんなあなたが好きと言ってくれる人がいるんだよね。

  • ジョン・バーニンガム作品を追いかけているので、図書館で借りた。

    生まれつき、羽のはえていないガチョウの女の子、ボルカ。せっかく毛あみのセーターをあんでもらっても、仲間はずれにされて、とうとうひとりぼっちになってしまいます…。
    バーニンガムのデビュー作で、1964年ケイト・グリーナウェイ賞受賞作。
    (カバーそでより)

    よみ終わってすぐには、いじめられている子や、ある集団になじめない子にみせたい絵本だな、と感じた。
    そしてお風呂に入って考えている間、そのような子にこれを直接みせるなんて、配慮に欠けると思いなおした。
    だから、子どもの時に、そっとそばに置いておきたい、かも。
    内容はけっこうリアルだ。
    羽なしという理由はあろうと、親に気にかけられるボルカのことを、きょうだいはおもしろく思わないかもしれない。
    親はそれに気づくわけもなく、みんなは目の前のことにせいいっぱいで、他者に目を向けるのが難しい。
    大丈夫、今いる場所がすべてじゃないよ、世界は広いんだよ、と感じられる、心強い絵本だ。
    絵もすでに力強くて、いいなと思った。

  • 「みにくいあひる」ではないけれど、仲間、家族と異なっても、必ずそれに合った場所があるものなんですよね~

  • ポッテリピョンさんという名前といい、登場するキャラクターたちといい、おっとりと心優しくて、好きです。

  • ちょっと悲しいけどあったかい話。

全19件中 1 - 10件を表示

ボルカ―はねなしガチョウのぼうけんに関連する談話室の質問

ボルカ―はねなしガチョウのぼうけんを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ボルカ―はねなしガチョウのぼうけんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする