ちいさな1

  • 124人登録
  • 3.83評価
    • (13)
    • (9)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 16レビュー
制作 : Paul Rand  Ann Rand  谷川 俊太郎 
  • ほるぷ出版 (1994年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593503148

ちいさな1の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もうひとり1がいて、11でもよかった☆

  • ユーモラスでポップな絵柄と、のびのびしてて分かりやすい内容。かわいい「1」が好き。

  • ひとりぼっちのちいさな1が、0に出会うまでのお話。
    深い話だなぁと思って読みました。
    数字のお話みたいだし、人生哲学のようにも読めるし。
    シンプルな可愛らしい絵が、またそのストーリーを助けている、と言うか、とにかく良いです。

  • ひとりぼっちのちいさな1が、自分を見つけるストーリー。数の概念だけでなく、人生、成長、友情…etc. 様々なことを教えてくれます。カラフルでシンプルなグラフィックも洒落ています。

  • 200

  • ようし、数字を好きになって理系を目指そうな。

  • 長男の1年生のときの、大のお気に入りだった。グラフィック的にも洗練された絵本。数字への感心も沸くだろう。だけど、やはり内容が彼の心にいちばん響いたんだと思う。最初はひとりぼっちでも、そのうちかならず友達ができる。幼かったあの子に勇気をくれた本だと思う。

  • グラフィックデザインとかの視点から好む人が多そう。

  • *「ちいさな1」は独りぼっちで寂しい。2(個の梨)や8(冊の本)達の仲間に入れてもらおうとするけど、冷たくあしらわれてしまう。そんな1に話しかけてきたのは…*
    数字のお勉強的な絵本かと思いきや、とっても詩的なストーリーでした。
    1だから一人なのはわかるけど。寂しいよね。つまんないよね。
    言葉のリズムが良いし、古さを感じさせない素敵なデザインの絵も眺めていて飽きないです。


  • 横から見たらやせっぽち、ぼうしもちっちゃくて。

    ひとりぼっちのちいさな1は、友達を探すけれど・・・。

全16件中 1 - 10件を表示

アン・ランドの作品

ちいさな1を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ちいさな1を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちいさな1を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする