しらゆき べにばら―グリム童話

  • 65人登録
  • 4.09評価
    • (10)
    • (5)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : グリム
制作 : バーバラ・クーニー  鈴木 晶 
  • ほるぷ出版 (1995年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784593503360

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
ばーじにあ・りー...
ドナルド・ホール
グリム兄弟
モーリス・センダ...
A.トルストイ
にしまき かやこ
マーガレット・ワ...
有効な右矢印 無効な右矢印

しらゆき べにばら―グリム童話の感想・レビュー・書評

  • ふんわりと柔らかい線の優しい絵。
    貧しいけれど心優しいべにばらとしらゆきの二人の娘とお母さんが三人で暮らしている。
    ある雪の夜、家にクマが訪ねてきて、三人は冬の夜を楽しく過ごす。

    途中で突然乱入するかのように登場する小人の失礼ぶりにチビちゃんたちは唖然としている。
    しばらく怒りの声もでないほど。
    三度めにようやく「なんなのコイツ、ありがとう言えよ」(S9)と呟く。

  •  しらゆきとべにばらは、お母さんと3人で仲良く暮らしていました。ある冬の日、大きな黒いくまが訪ねて来ました。くまは、「怖がることはない。暖炉で温まりたいだけなんだ。」それからというもの、寒い冬の間、くまは毎日訪ねてくるようになりました。春になるとくまはさようならを言って森に帰ってゆきました。
     それからしらゆきとべにばらは、お母さんのお手伝いで森や川、町へと行きました。その都度、恩知らずの小人に出会うのですが…

  • 絵がかわいい。図書館で借りたので、買いたい。

  • 資料番号:020073979
    請求記号:E/クニバ

  • バーバラ・クーニーの描く女の子が大好きです!
    森を愛し、家族や動物達を愛する良いこどもたちには、幸運がちゃんと訪れるっていう幸せな気持ちになっちゃうおはなし。
    失礼きわまりない小人もユニークで物語のいいスパイス!

  • 動物にも、優しく接する事が一番ね〜

  • 薔薇の花が好きなのでお気に入りの絵本です。ほのぼのとして心優しい女の子たちが愛しいです。
    絵本にでてくる小人さんはお助けマンとして活躍してくれることが多いですがこんかいは悪役なのです。が、可愛い絵なので何となくにくめません。
    こどもに贈りたい、または読んであげたくなる絵本です。

全8件中 1 - 8件を表示

しらゆき べにばら―グリム童話に関連する談話室の質問

しらゆき べにばら―グリム童話に関連するまとめ

しらゆき べにばら―グリム童話を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

しらゆき べにばら―グリム童話を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

しらゆき べにばら―グリム童話を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする