おねえちゃんは天使

  • 37人登録
  • 4.08評価
    • (5)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : アンナ ヘグルンド  Ulf Stark  Anna H¨oglund  菱木 晃子 
  • ほるぷ出版 (1997年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784593503773

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マージェリィ・W...
マーガレット・ワ...
トミー・ウンゲラ...
トミー=アンゲラ...
ウルフ スタルク
ユージーン トリ...
ルース・ボーンス...
三浦 太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

おねえちゃんは天使の感想・レビュー・書評

  • 主人公と同じく、天使になったお姉ちゃんを持つ娘は、どんな気持ちで読んだだろうか。母娘共に、涙を我慢することが出来ず、読んだ後も感想を語り合うこともなく、二人ですすり泣きながら眠った。
    不思議な物語だ。涙は流れるけれど、ちっとも悲しくないし、どちらかというとユーモアにあふれている。きっと、会ったことのない天使のお姉ちゃんは、この先の娘を支えてくれるだろうと思う。そういう人がいてくれて、娘は、本当に幸せだなあと思う。ありがとう、お姉ちゃん。これからも妹をよろしくね、お姉ちゃん。
    私のために買った絵本だったけれど、娘と一緒に読めて良かった。

  • いたずらで,やんちゃな少年が,会ったことのないおねえちゃんに思いをよせるお話。その方法は奇抜だけれど,やさしい気持ちの詰まった本だと思いました。

  • スタルクはどれだけ私を泣かせたら(ry

  • スタルグの自伝的?お話。ベッラ(おじいちゃんの口笛)も、登場します。こういう寂しい思いを子供にさせちゃいけないよね〜。ママのお腹で亡くなってしまったお姉ちゃんがウルフの目の前に現れるお話。ウルフは感受性豊かないい子です。切ないね〜。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする