だきしめてほしくって

  • 37人登録
  • 3.31評価
    • (1)
    • (2)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : クロード・K. デュボワ  Carl Norac  Claude K. Dubois  河野 万里子 
  • ほるぷ出版 (2000年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593503995

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
馬場 のぼる
酒井 駒子
モーリス・センダ...
A.トルストイ
なかの ひろたか
マーカス・フィス...
有効な右矢印 無効な右矢印

だきしめてほしくっての感想・レビュー・書評

  • 主人公・ハムスターのロラが、お留守番をする中で、自分が一番安心できる場所を見つけるお話です。

    ロラにとって、初めての一人でのお留守。「寂しくなったらお隣へ行くんだよ」とパパは助言しますが、お隣は好きではない様子。甘えん坊のロラは、抱っこしてくれる人がいないので、抱っこ感覚を味わえる「だっこのしま」を作ることにします。家中からお布団や枕、トイレットペーパーにタオル、ぬいぐるみなど柔らかくて「ふわふわ」なものをかき集めます。ふわふわを探す過程で、部屋はすっかりぐちゃぐちゃ。帰宅した両親から怒られてしまいます。お片づけを命じられ、「だっこのしま」がなくなってしまったことを悲しむロラ。でも、今度は代わりにパパとママのふわふわぬくぬくの本物のだっこがあります。夜、なかなか寝付けなかったロラ。両親のベットに潜り込み、「さいこうの ふわふわだっこのしま!」を見つけるというお話です。

    文章は、ひらがなとカタカナが使われていて、カタカナにふりがなはありません。ですが、1ページに2〜4行のボリュームなので、ひらがなを十分読めるのであれば、絵本を読む練習には向いているかもしれません。

    挿絵は、淡い水彩タッチの絵です。色使いが、主人公・ロラの求める「ふわふわ」を読者に伝えてくれる印象です。

  • だれかに抱きしめてもらいたい、そんな日もありますよね。パパもママもいなくてお留守番のロラが考えついたこととは…?甘えん坊のロラがかわいくって仕方ありません。(はま)

  • 甘えん坊のロラがかわいらしいです。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    きょうは、ロラがはじめておるすばんをするひです。ママはげんかんで、ロラのいちばんすきなだっこをしてくれました。パパとママがでかけてしまうと、「あーあ、いっちゃった。だっこしてくれるひとがだれもいなくなっちゃった…」ちいさなハムスター、ロラのかわいい絵本。やさしい気持ち、あたたかな読後感がひろがります。

    【キーワード】
    絵本・ハムスター・親子・癒し


    +1

  • パパとママが留守の家、ふわふわに抱きしめてくれる人が居ないので、ふわふわなものを探して集めたら、パパとママに片付けなさい!って怒られた。ひとりで寝ていても、寝られない。ふわふわぬくぬくな場所とは?

  • ハムスターの「ロラ」のお話です。

    両親と離れ、一人留守番をする「ロラ」は、寂しい(=抱きしめてほしい)あまり、家じゅうのものを集め「ふわふわの国」を作ります。これはだめ、あれがいい、と家じゅうをかき回す姿は、怒られるぞ~と頭の片隅で思いながらも、一生懸命で可愛い、とついそちらの方向に流されてしまいました。

    帰ってきた両親には結局怒られてしまいます。だけど、やっぱり終わりは読者もホッとする終わり方。本当にあまえたがりだなあ。

  • ロラは家でお留守番をしています。パパとママが出かけてしまったのでロラの大好きなだっこをしてくれる人?がいなくなってしまいました。

全8件中 1 - 8件を表示

だきしめてほしくってを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

だきしめてほしくってを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする