ねんころりん

  • 70人登録
  • 3.53評価
    • (2)
    • (6)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : John Burningham  谷川 俊太郎 
  • ほるぷ出版 (2001年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593504046

ねんころりんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ねむくなってくる

  • ★★★
    ねこのかあさんこねこを連れて 疲れた足をひきづっている どこかいいとこないものか
    ★★★

    バーニンガムの絵本はどことなく寂しい感じがします。暗いというのではなく、どこか孤独で静かで優しい感じです。夫人のヘレン・オクセンバリーも絵本作家です。

  • 他の作品と同様の作風。
    単純で楽しい。
    でも、よく分からないっていうのが正直なところ。

  • 私はつくづく谷川俊太郎が好きなのだと思う。声に出して心地よいリズム。

  • 2歳3ヶ月の終わりごろ
    「しんかんせんの「ん」だねー!」と、この絵本で言うように。
    龍が初めて読めた字は「ん」。

    この頃に、寝室の本棚を見て初めて「読みたいのない」と言ったため、これまでの"こどものとも"購読に加えて図書館で本を読む/借りるペースを一気に上げる。

  • 眠りにつくまでもうとうととした優しい穏やかな時間を描いた絵本。

  • ねんころりん。とうい言葉のリズムが娘の眠気を誘います。
    寝る前の1冊。
    4歳2ヶ月

  • ☆子どもが寝る前に優しく語りかけるように読んであげたい絵本です。

  • 「おやすみなさい」系の本もいろいろあるけど、カエルに猫の親子にあひるちゃんと、大好きな動物がねんころりんするのでよくリクエストあり! ジョン・バーニンガム書く世界、ほんわかしてていいねえ。谷川俊太郎の訳もすっと入ってくる。

  • 睡眠儀式に使おうと買った本。寝る前に必ず読んであげます。みーんなみーんなねちゃうお話。

全10件中 1 - 10件を表示

ねんころりんを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ねんころりんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ねんころりんを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする