紙しばい屋さん

  • 94人登録
  • 4.14評価
    • (15)
    • (12)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 27レビュー
制作 : Allen Say 
  • ほるぷ出版 (2007年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784593504848

紙しばい屋さんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アレン・セイ作の絵本2冊目。
    先に「おじいさんの旅」を読んでおいて良かったと今さらにして。
    生まれ育った国を離れて生きるからこそ、この絵本も生まれたのでは
    と思われる。
    情感豊かで美しい挿絵が、読み手をたちまち昭和の頃へと誘う。

    時代とともに変わってゆくものと、変わらないもの。
    主人公の、紙芝居屋さんであるおじいさんは、久々に変わり果てた
    街に出て、変わらないままの紙芝居をすることになる。
    すると、昔の場面に変わり、画面も少しベージュ系になる。
    そこから現代に戻るまでの小さなエピソードが心地よく温かい。
    涙もろい私は、ここだけでじわっと来てしまう。

    「紙芝居」は、日本生まれだという。
    お話の種類も今からは比較にならないほど少なく、紙の質も悪かった。
    それでも子どもたちは紙芝居の世界に夢を描いた。
    今一度と願うのは、このおじいさんばかりではないだろう。

    約12分。こちらは高学年から、かな。

  • 子どもの頃に心から楽しんだことは、大人になっても忘れない。
    そうあって欲しいという作者の願いもあるのだろうけれど。
    私もそう思う。最後の展開にありがとうと言いたい。幸せな気持ちになれた。

    おばあさんのお菓子がとても美味しそう。
    写真のように細かいけれど、とても温かい絵。

  • 日本の人が書いたのかと思ったら、アメリカ在住の作家の絵本でした。
    でも日本生まれと知って納得。

    少しだけ昔(昭和の中期くらい?)の日本の風景が懐かしい雰囲気です。
    しかも、それがなかなか細かく描かれていてビックリ。
    絵の隅々までじっくり眺めてしまいます。
    (ちょっと「こんとあき」の林明子さんの絵に似ているような)

    どちらかというと…大人が「いいな」と思うような絵本かもしれないです。
    ノスタルジックで。
    もちろん子供と一緒に読んでもいいんですけど、
    大人の方がより作者や主人公の心情がわかるというか。

    で、決して「あの頃はよかった」で終わっていないのもいい。
    あの頃いいと思っていたものが、今もいいと思ってもらえるものだった
    と思わせるような、なんかほのぼのとした気持ちになる終わり方なんですよね。
    時代は変わっても、いいものはちゃんと心に伝わるものなんだってこと。

    小さい頃に母が話してくれた紙芝居おじさんのことを思い出しました。
    始まる前に「おせんにキャラメル~」とお菓子を売っているところが
    とっても羨ましかったのを憶えています。
    もしかしたら、私の読み聞かせの原点は母から教えてもらった
    紙芝居おじさんなのかなと、ふと思いました。

  • 2007年発表。
    テレビの台頭と共に、街角では見かけることのなくなった紙しばい屋さん。
    長い年月を経て、もう一仕事しようと、おじいさんはおばあさんの作った昔と同じ宝石のようなお菓子を持って、自転車で山を降り、町へ出ていきました。沢山の行き交う車に
    立ち並ぶ高いビルの群れ。すっかり変わってしまった街並みに戸惑うおじいさん。思い切って拍子木をカチーンと打ち鳴らして、声をはりあげてみました。『さあ、みなさん、こっちにいらっしゃーい!紙しばい屋さんがきましたよー!』
    カチーン!
    カチーン!
    そして様々な思い出がおじいさんの脳裏に浮かんできます。
    沢山の子供たちが
    紙芝居を心待ちにしていた時代から、テレビが登場し子供たちが
    やがてやってこなくなった時代。
    最後には確か、たった一人の少年だけが残ったんだったなぁ。
    おじいさんがそんな回想に耽っていたその時…。



    落ち着いた透明感溢れる絵で情感豊かに描かれる、ひとりの紙しばい屋さんの物語。
    外人さんが書いてる絵本なのになんでまた
    日本の紙芝居?とふと疑問に思い手にとってみました♪
    幼き頃に日本で過ごしたアレンさんが、実際に横浜で見た紙芝居への思い出が元になってるみたいです(^^)

    自分自身リアルに紙芝居屋さんを見た記憶はない世代やけど、実は紙芝居は日本発祥の伝統文化なんですよね♪

    情報を受けるだけで
    一方通行のテレビとは違い、
    読み手は観客の反応を見ながら声色を変えたり、絵の引き抜き方にタメを作ったり、読み手と観客が直接交流することにより盛り上がる、ライブ感や一体感がなにより紙芝居の魅力なんだと思う。
    当時の紙芝居屋さんは子供たちのために必ずお菓子を用意していて、駄菓子を食べながら紙芝居を見ることが子供たちにとっては最大の娯楽やったんやろうな(o^-^o)
    失われつつある古き良き文化への郷愁と、時代と共に、変わってゆくものと、変わらないものをドラマチックに描いていてどうしても胸に込み上げてくるものがありました(T_T)

    木の電柱、
    砂糖をまぶしただけのお菓子、
    おじいさんおばあさんがちゃぶ台で食べる
    お味噌汁と鮭の切り身など外国の人が描いたとは思えないほど
    古き良き日本の町並みや子供たちの様子が
    詳細に描かれていて
    本当にビックリです。利便や進化という言葉のもとに人はいろんなものを失くしていくけど、失くしてはいけないものも本当は沢山あるんじゃないのかな。

  • テレビの普及とともに紙しばい屋さんはだんだんと姿を消していきました。この物語のおじいさんもそんな紙しばい屋さんの一人でした。しかし、長い年月の後にもう一度紙しばい屋をしようと思います。そして、町までおりて行き、昔を思い出しながら、カチーン、カチーンと拍子木を打ち鳴らします。今からちょっと昔のお話をどうぞ。

  • 大人向けだけれど、キュンとして、ほわっとした気分になりました。

  • 一方通行じゃないコミュニケーションは互いを幸福にする

  • 昭和のよき時代。

  • おじいさんは昔、紙しばい屋さんをしていました。
    紙しばいをしていた頃、子どもたちはおじいさんの拍子木の音を聞くと、ぱたぱたと小銭を握りしめて走って集まってきました。みんなの好きな昔話。そして美味しい(おばあさん手作りの)お菓子。
    けれどテレビの台頭とともに、おじいさんは子どもたちに見向きもされなくなってしまったのです。

    今、おじいさんは何年かぶりに紙芝居を持って、自転車で町に出ました。大きなトラックにクラクションを鳴らされ、公園だった広場にはお店が並んでいます。
    でも、おじいさんが拍子木を鳴らすと、昔の子ども(今は大人)たちが集まってくれました。みんな、おじいさんの紙芝居が大好きだったのです。


    紙芝居をするおじいさんもいいけれど、キレイなお菓子を作っておじいさんを支えるおばあさんもいい。それに感謝しているおじいさんも、また、いい。
    紙芝居の内容が昔話(ももたろう、かぐや姫、一寸法師・・・本当は、怪人ものとか妖怪ものとか冒険ものとかもあったんだろうけど、このおじいさんのキャラじゃないよな〜)

全27件中 1 - 10件を表示

紙しばい屋さんに関連する談話室の質問

紙しばい屋さんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

紙しばい屋さんを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする